WordPress のパーマリンク設定 スラッグにカテゴリを含める?含めない?

WordPress

wp rwordpress ワードプレス

新規に WordPress サイトを設置したら、まずパーマリンクの設定をしますよね。

パーマネントリンクだけに、変わらないことが前提のURLですから何よりも大切な設定です。

(パーマリンクはURL、スラッグはドメイン以下の変更できる部分)

そこで悩むのがスラッグをどうするか。

ドメイン/カテゴリ/投稿名/
(/%category%/%postname%/)

にすると記事の分類が目に見えて分かりやすいしスッキリします。検索エンジンにも分かりやすい。さらにそのカテゴリが育って独立させるときもリダイレクトが簡単にできる。

そのためカテゴリをスラッグに含める人も多いのですが。

 

WordPress でカテゴリをURLに含めるのはデメリットがあります。

なぜか。

記事によっては複数のカテゴリにまたがったり、あとから変えたくなることが生じるためです。

通常のHTMLサイトなら自由にファイルパスを決められるので、カテゴリのパスはそのままにパンくずリストや親子関係のリンクを差し替えればすみます。カテゴリを変更しようが複数に属させようが問題は生じません。

しかし WordPress はカテゴリを変えるとスラッグも変わってしまいます。複数のカテゴリを設定した場合も優先順位が決まっているため、カテゴリスラッグを自由に選択することもできません(方法はあるにはあります)。

 

そういうわけで、内容が増えていくタイプのブログを運営するならスラッグにカテゴリを含めるのは避けたほうがいいです。

きちんとカテゴリを設定していれば、URLにカテゴリが含まれなくても検索エンジンは構造を把握してくれます。ひょっとしたらURLにカテゴリが含まれる方が効果が高いこともあるのかもしれませんが、パーマリンクにカテゴリがないサイトでも普通にサイトリンクがついてますよね。

考え方次第ではありますが、そこを気にするよりもカテゴリと記事の内容の関連性を上げるほうがいいだろうと思います。

 

お店や特化型サイトのようにカテゴリが増えることがないなければカテゴリがURLに含まれている方が分かりやすくていいですが、そうでない場合はカテゴリは避けて /%postname% にするか、記事IDにしておくのが無難です。

/%postname% にすると固定ページと投稿ページの差し替えも簡単に行えるなど柔軟性が高いです。

みんなURLなんて見てないですし、数字だけのスラッグでもいいんじゃないかなあ。

関連パーマリンクからカテゴリを取り除く方法

WordPress