【初心者向け】無料で使えるWordPressテーマ5選

WordPress, ウェブサイト作成Wordpress Theme

websitesウェブサイトイラスト

無料で使えるWordpressテーマのなかで、初心者でも使いやすいものを5つ選んでみました。このサイトは煽り0で作っていますが、評価は主観なので間違っていたらごめんなさい

いずれのテーマもモバイル完全対応でSEOも施されているのでその点での心配はなし。AMP対応はおまけのようなものなので最初のうちは気にしなくてもいいでしょう。

初心者向けといっても基本デザインがある程度決められていてそのまま使っても違和感がないものと、いじり倒しやすいものの2種類があります。

長く「ブログ」を続けるならいじりやすいものを、お店やサークルなどの情報を掲載したいけれどAmebloではちょっと物足りなくなったなら基本デザインの見栄えがいいものを選んでみるといいでしょう。

Luxeritas(ルクセリタス)

wp-theme-luxeritasワードプレステーマルクセリタス wp-theme-luxeritasワードプレステーマルクセリタス

まだまだカスタマイズの情報は少ないものの、使いやすさと表示の早さの評価はすでに定着しています。このサイトもLuxeriasで作成しています。

見た目は素っ気無くとっつきにくいですが、色の選択や幅まで外観カスタマイザーから手軽にカスタマイズすることができます。

見栄えをよくするならCSSの知識は必要になりますが、それはどのテーマでも同じ。構造がすっきりしているのでCSSの入門書を一冊読めば分かるようになります。

 

評判

 

名前の由来 ラテン語の Celeritas(速) と Lux(光)のかばん語
デザインカスタマイズのしやすさ
設定のしやすさ 使い方次第
情報量の多さ
フッタークレジット あり(有料プラグインで消せる)

 

Simplicity(シンプリシティ)

wp-theme-simplicityワードプレステーマ wp-theme-simplicityワードプレステーマ

名前の通りシンプルでカスタマイズがしやすく、大方のことはWordpressの「外観カスタマイザー」から行えます。

定義済みのスタイルが用意されており、ビジュアルエディターから簡単に挿入できるようになっているので、インストールした直後からカラフルな記事を投稿できます。

また、他のSimplicityユーザーが作った外観を簡単に適用できる「スキン」という機能があるので、CSSの知識がなくても導入直後からおしゃれな外観にすることができます。

利用者が多くいることや、サポート掲示板が用意されているためにCustomize情報も豊富なのが強みです。

評判

 

名前の由来  シンプル:単純、簡単、容易、簡素、質素、飾り気のない
デザインカスタマイズのしやすさ
設定のしやすさ
情報量の多さ
フッタークレジット なし

 

Hueman(ヒューマン)

wp-theme-huemanワードプレステーマヒューマン wp-theme-huemanワードプレステーマヒューマン

海外のテーマですが日本語に対応しています。

3カラムまで対応していながらうるさくないスッキリした外観が特徴。洗練されてはいないけれど、よせつけなさのない不思議なデザインです。

プライマリーカラー・セカンダリーカラーをカスタマイザーで設定できるので、テーマカラーを手軽に変更できます。SEO 関係の設定も外観カスタマイザーからできるので、知識がなくても調べつつ設定できます。

日本語の情報は比較的少ないですが、海外では利用者が多いので英語が得意なら。

SimplicityやLuxeritasなどと比べると機能が少なめなので、プラグインは必要になります。

評判

 

名前の由来 ?
デザインカスタマイズのしやすさ
設定のしやすさ
情報量の多さ ×海外ならそれなりに。Pro版もある利用者の多いテーマ
フッタークレジット 選択可能

 

Ligntning(ライトニング)

 wp-theme-lightning-pcワードプレステーマライトニング wp-theme-lightning-pcワードプレステーマライトニング

Lightningは中小企のコーポレートサイトをターゲットとしたテーマです。

ビジネスサイトを意識しているためデフォルトでの見栄えがよく、ほとんど手をいれることなく使えます。

あわせて配布されている多機能プラグイン “VK All In One Expantion Unit” とセットで使うことで、最小限の労力で会社のサイトとして必要な情報を適切な位置に設置できるようになっています。

“VK All In One Expantion Unit” は1つのプラグインで一通りのことができる反面、統合されすぎていて使いづらいです。そのためテーマを大幅にカスタマイズして使うなら通常のプラグインを選択するほうが扱いやすくなります。

会社や堅いイメージのお店、個人のプロフィールページを作るのに適しているので、細かいところをいじらず使うなら手軽に見栄えのいいサイトが作れます。

評判

 

名前の由来  ?
デザインカスタマイズのしやすさ
設定のしやすさ ◎目的による
情報量の多さ
フッタークレジット あり(いじれば消せる)

 

LION BLOGテーマ(ライオンブログテーマ)

wp-theme-lion-blog-pcワードプレステーマライオンブログ wp-theme-lion-blog-pcワードプレステーマライオンブログ

2017年8月にリリースされたばかりのテーマ。

デフォルトで文章が読みやすく、大きな画像を用いたインパクトのあるブログが作れます。アイキャッチの画像サイズも大きめのものを利用するようになっています。

「デザインスキン」が用意されていて、ベースデザインとメインカラーを選ぶだけで見栄えのいいブログになります。

また、デフォルトでニュースティッカー(新着記事が電光掲示板のように流れていく)が搭載されていてかっこいいですw

多機能ではあるのですが今ひとつ使い勝手が悪い部分が目につきます。たとえば目次の自動挿入機能。便利なのですが、2017年11月現在では見出しがいくつ以上なら挿入といった指定が出来ません。

評判

名前の由来  ?
デザインカスタマイズのしやすさ
設定のしやすさ
情報量の多さ ×
フッタークレジット あり