ウェルチのグレープフルスパークリングが濃厚でめちゃくちゃおいしかった

生活

welch-ウェルチグレープフルスパークリング
アサヒ飲料グレープフルーツスパークリングページより

2月25日に発売されたウェルチの炭酸飲料「グレープフル・スパークリング」にハマりました。

商品ラベルに書かれた「グレープフル」を「グレープフルーツ」と読み間違え、ぶどうの絵なのになんでグレープフルーツ?と不思議に思い手に取ってみました。

グレープ味の清涼飲料水は香りが作り物っぽく感じてあまり好きではないんですが、読み間違いをしたのも何かの縁。Welchの商品ということで、とりあえず試すためにレジへ直行しました。

 

ウェルチ(welch)の商品は味が濃いのにスッキリしているので好きなんですが、いつも飲みたくなるわけではないんですよね。濃厚な割にはあっさりしているだけで、やはり後味はしつこく残ります。

特に気に入っている濃密ライチカクテルは氷を入れないときつい濃さなので、夏場限定で買っています。

welch-ウェルチ濃密ライチ
アサヒ飲料ウェルチ濃密シリーズより

 

閑話休題。グレープフル・スパークリングは果汁が10%と低いものの香りが強いため、果汁100%のグレープジュースを飲んでいる気分になります。

とってつけたような香りではなく、本当のブドウジュースと遜色ありません。

喉ごしは果汁100%ジュースのようなとろみは感じられす、ふつうの炭酸飲料そのもの。

しかし炭酸は細かく強めで濃厚な甘さが引き立ちます。

ただ、フルーツ系炭酸飲料特有の後味の悪さがあるのが残念。

 

気になるカロリーは100mlあたり47kcal。一本500mlなので全部飲むと235kcal。

うーん、一人で飲むなら半分でいいかな。

welch-ウェルチグレープフルスパークリング

で、気になったのがラベルに書かれているグレープ エスプレッソエキス。

グレープエスプレッソ製法

グレープエスプレッソエキスってなんだ?と調べてみたら、公式に書かれてました。

  • グレープを摘み取り
  • まるごと凍結
  • 凍結した果実をまるごと粉砕
  • 低温抽出

という製法で作られたもので、これを普通の果汁に混ぜたらしい。高濃度のエキス=エスプレッソエキスってことですね。

果汁10%なのに、しっかりしたグレープの風味を味わえるのはのはこのエキスのおかげのようです。とはいえ、炭酸飲料特有の後味の悪さは残ってしまうし、カロリーも高い。

果汁100%でスパークリングって無理なのかな?

 

7月初旬追記

最近は近所では見かけなくなりました。

通販で買うほどではないので濃密ライチカクテルを氷をと水で割って飲んでます。