Simplicityで最初からできること

WordPress用のテーマ「Simplicity」では、最初からかゆいところに手が届くような機能が数多く用意されています。

知っていればphpをカスタマイズしたり、プラグインを導入する必要なかったのに…ということがなくなります(自分の経験)。

Simplicityで最初からできる例としては

  • 個別投稿のheadとfooterにコードを挿入
  • SEO関連の設定
  • 各種ソーシャルボタンの設定
  • 使いやすい装飾文字(MCEのスタイルから利用可能)

があります。

装飾文字についてはSimplicityの配布サイトにまとめられています。「このクラス、なんだろう?」と思ったら大体ここに載ってました。

Simplicityの基本的な文章装飾スタイルを使う方法まとめ
Simplicityでは、デフォルト状態で、文字装飾に使えるCSSの拡張クラスをいくつか用意しています。以下では、それら拡張クラスの使い方について説明したいと思います。文字装飾まずは、文字装飾用に以下のようなクラスがあります。太字文字を&l

個別投稿のheadとfooterにコードを挿入

Simplicityではカスタムフィールドにheadとfooterに挿入するためのhead_customとfooter_customが定義されているので、投稿記事ごとに異なるファイルを読み込んだり、コードを挿入できます。

head/footerにコードを挿入する方法

カスタムフィールドの新規追加でheadに入れたければ「名前」にhead_customを、footerに入れたければ「名前」をfooter_customにします。そして「値」に挿入したいコードを書いて【カスタムフィールドに追加】ボタンを押すだけ。プレビューでソースを見ればきちんと挿入されるているのがわかります。

タグが勝手に付加されることもなく、「値」に入力したまま表示されるので使い勝手がいいです。

headで/cssにある外部CSSファイル”honyarara.css”を読み込みたいなら

[カスタムフィールド]
名前=head_custom
 =<link rel=”stylesheet” src=”/css/honyarara.css”>

footerで/scriptにある外部jsファイル”honyarara.js”を読み込ませたいなら

名前=footer_custom
 =<script src=”/script/honyarara.js”></script>

SEO関連の設定

SEOの設定はカスタマイザーでは全体設定が、個別の投稿ではnofollowとnoindexの設定ができます。

カスタマイザー

カスタマイザーのSEO設定では、ページタイトルにサイト名を付加するか、トップページのmeta description設定、検索エンジンに伝える日時の設定が行えます。

今はサイト名についてはグーグルに任せて、ページタイトルにサイト名を入れないことが多いようですが、最初のうちは入れておくといいかなと思います。

記事投稿時

ページごとのnofollowとnoindexの設定は、投稿エディタ右側のSEO設定で行えます。「All in One SEO pack」を入れなくてもいい感じです。

スタイル

Simplicityではよく使うスタイルが定義されているので便利です。

自分で変更するにしても、クラス名を確認しておけばプロパティが重複するようなクラスを作ることもなくなります。太字はクラス名です。

参考情報用のバッジ ”sankou” “sanko” “reffer” “ref

キーボードキー keyboard-key Ctrl

情報ボックス information

クエスチョン question

アンダーラインマーカー(黄色) marker-under

スポンサーリンク
336
336

シェアする

フォローする