Vivaldiを使う理由とメインブラウザにできないワケ

VivaldiVivaldi

Vivaldi ロゴ

バグ修正より新機能を増やし続けるのについていけず、2017年暮れからほとんど起動しなくなりました。

現在はChromeをflagsで高速化して使っています。Vivaldiのような豊富なクイックコマンドはありませんが、ショートカットキー活用で十分と感じています。

今更ながら、という気はしないでもないですが、Chromium系ウェブブラウザVivaldi、使いやすいです。

Operaの開発に携わっていた人たちが関わっていることもあって、Operaを使い慣れていたら違和感なく使うことができます。いずれは独自エンジンを使うという話も見かけましたが、今のところはChrome 派生ブラウザとして全く違和感なく使えます。

 

 

インストール方法はこちら

https://yaruzou.net/vivaldi-install

 

 

Vivaldiの使いやすいところ

Vivaldiの使いやすいところは数多くありますが、あえて上げてみると。

タイル表示ができる

vivaldi-tile-2

タイル表示ってなんやねん?というと、複数のタブで開いたページを1つの画面に並べて表示する機能です。

MAC OSでいうところの「Split View」、Windows 10の「スナップ機能」をブラウザのタブで使えるようにしたものです。これ、製品を比較したり、調べ物しながら書く時に便利です。

 

使い方

並べて表示したいタブをCtrlを押しながらクリックして複数選択。

vivaldi-tile-group

 

タブ選択後、タブを右クリックしてTile 2 Tabs を選択か、下のステータスバーにある□枠のアイコンをクリック。

vivaldi-bottom-right-tile

 

Chrome機能拡張がすべて使える

Chromeの機能拡張がそのまま使えます。Chrome Store で探してインストールするだけ。

Operaだと一部使えないものがありますが、こちらはすべてそのまま導入できます。Chromeで使っていたものすべてを持ってこられるので便利。

 

視覚タブ

vivaldi-visual-tab

タブの下の部分をドラッグするとサムネイルが表示されます。

調べ物をしているとき、よく似たタイトルのページをいくつも開くことが多いので、パッとみただけで既読か未読かの判別ができて重宝します。

マウスジェスチャやスピードダイヤルなどもありすが、他のブラウザでも使えるので、Vivaldiの特徴とばかりは言えいので割愛しています。
タブトラッシュ(閉じたタブ用ゴミ箱、復活させるのに使える)はアクセスしやすいところにあるのは便利ですが、履歴の「最後に閉じたタブを開く」と変わらないのでこれも除外。

 

メインブラウザにできない理由(修正あり)

これは古い情報です。Vivaldi 2.0から同期できるようになっています。

Vivaldiをメインブラウザにしたいところなんですが、たった1つの問題があって無理です。

それは

アカウントを作成しての同期ができない

こと。フォーラムでもちょくちょく同期に関する質問が上がっていますが、アカウントを作成しての同期の実装はまだまだ先のよう。BookmarkはXmarksのような機能拡張で共有すればいいですが、ブラウザにノート機能があっても、同期できないのでは意味に乏しい。

 

メインにはできないけどよく使ってます

Vivaldiは同期ができるようになるまではメインにはできないですが、かなり使っています。

ただ、初期の頃よりも重くなっている気がするのが気がかりです。

読み込みが早く見えることもありますが、描画開始が遅いためにページの表示がパッとされるように見えているような気も。

Vivaldiのインストール
Vivaldi総合