ウェブブラウザ、Vivaldiのインストール方法と初期設定

VivaldiVivaldi

vivaldi-site

 

こちらでも紹介した非常に使い勝手がよく、軽いウェブブラウザ”Vivaldi”のインストールと初期設定方法です。

アプリケーションのデフォルトインストール先が個別ユーザになっているので、Simpleインストールをすると後で戸惑うかもしれません。

後々迷わないために、インストール時に、Instrallation TypeをInstall for all usersにするか、Destination folderを指定しておくことをおすすめします。

 

ダウンロード

ダウンロードはVivaldi公式サイトのダウンロードセンターより行います。

vivaldi-download-page

使いたいOS用のブラウザが表示されなかったら、ダウンロード―ページの下の「Vivaldiを他のOS用にダウンロード」でOSから選びます。

 

インストール

デフォルトだと自分用のみのインストールになるので、Advanced設定を選んで、インストール先を変更するほうがいいです。

インストール先

デフォルトインストール先(ユーザごとのインストール)

vivaldi-installer-option-default

C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\Vivaldi

 

All Usersにした場合のインストール先(Advancedを選択後)

vivaldi-installer-instllation-type

C:\Program Files (x86)\Vivaldi\Application\vivaldi.exe

 

デフォルトユーザディレクトリ

デフォルトユーザディレクトリは、Vivaldiインストール先に関わらず、ユーザディレクトリの下に作成されます。

C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\Vivaldi\User Data\
プログラム本体とは別に作られるユーザ設定なので、こちらは気にしなくても大丈夫です。

 

基本操作と検索設定

初回起動時に基本設定が表示されます。最後のページで「Start Browsing」選択でVivaldiメイン画面(スピードダイヤル)に移動します。

vivaldi-first-setting-start

スピードダイヤル

vivaldi-speed-dial-default

スピードダイヤルはマウスオーバーすると、ページアイコンの右上に削除のXボタンが、右下にリロードボタンが表示されます。

リロードボタンはサムネイル画像が表示されない時に使用します。

ブックマーク

vivaldi-bookmark

Chromeとは異なり、ブックマークには大きなアイコンが一覧で表示される「スピードダイヤル」機能が追加されています。

スピードダイヤルを選ぶとアクセスしやすいですが、数が増えるとじゃまになります。スピードダイヤルはサムネイルをドラッグして重ねるとグループ化するので、一応の整理はできます。

タイル表示

vivaldi-tile-2

複数のタブを並べて表示させることのできるタイル表示。一発で横並びになるので非常に使いやすいです。

使い方は Ctrlを押しながら並べたいタブをクリックでグループ化。その後右下にある□の枠をクリックでタイル化オプション指定します。

vivaldi-bottom-right-tile

 

設定

設定は右上にある”Vivaldi”メニューから。

vivaldi-menu-setting

 

細かく分類されていますが、設定画面一番下のすべて表示で一覧表示できます。

vivaldi-setting-all

 

ただ、設定項目の検索ができないので、個別で設定するほうがやりやすいケースが多いです。

Vivaldi総合
Vivaldiで検索候補(サジェスト)を表示させる方法
Vivaldi 高機能、だけど難しくないブラウザ