Vivaldiのキャッシュ削除とキャッシュフォルダ変更

Vivaldi ロゴ

 

PC用ブラウザVivaldiのキャッシュ削除とプライバシー設定の方法です。

Vivaldiでは画像やファイルのキャッシュ削除を設定から行えないので悩む人が多いみたいです。それでいてクッキーは設定のプライバシーから削除できるので、余計に迷う原因になっているようです。

インターフェースというか設定関係の不統一さは、開発中だから仕方ないのかもしれません。

 

キャッシュの削除

ちょくちょくキャシュを削除する必要があるなら機能拡張の「SingleClick Cleaner」を使うと早いです。Vivaldi右上に表示される  をクリックするだけで削除できます。オプション設定で何時間以内のものかを指定することもできます。

 

手っ取り早くショートカットから

 Ctrl   +  Shift   +  Delete 

 

メニューから削除

Vivaldiのキャッシュ削除は設定からではなく、Vivaldiメニューツールプライベートデータの削除から行います。

削除項目は一般のブラウザと同じなので、迷うことはないと思います。

クッキーとは別にローカルストレージを削除できるのが珍しいところでしょうか。

 

キャッシュされているファイルは、アドレスバーコマンドで表示できます
vivaldi://view-http-cache

 

キャッシュフォルダ指定

Chromium系はキャッシュサイズの上限が指定できないので、キャッシュがどんどん増えます。これを避ける一番いい方法はディスクキャッシュを使って、再起動時に消えるようにすることです。

 

Vivaldiではキャッシュフォルダ変更は設定画面からは行えません。

フォルダ指定はChromium系共通の、ショートカットアイコンで起動コマンドオプションとして指定します。

デスクトップにアイコンを置いてもいいのですが、ここではスタートメニューから起動できるようにします。

 

ショートカットに書き加える手順

 

スタートメニューのすべてのアプリ→Google Chrome→右クリック→その他→ファイルの場所を開く

 

開いたフォルダウインドウでGoogle Chromeアイコンを右クリック→プロパティ→「ショートカット」タブ選択

ショートカットタブにある[リンク先]の\vivaldi.exe”の後に、

 -disk-cache-dir="ドライブ名:\フォルダ"
 --disk-cache-dir="ドライブ名:\フォルダ"

を加える。

diskの前のハイフン”-”は環境次第で1つか2つ。ハイフンが1つか2つかはvivaldi://aboutのページの「コマンドライン」に記載されている、 ppapi-flash-pathの前のハイフンの数で判別できます。

 

例)ディスクキャッシュドライブ J の cache というディレクトリを指定した場合

"C:\Program Files (x86)\Vivaldi\Application\vivaldi.exe" --disk-cache-dir="J:\cache"

 

おしまいに

ネットのヘビーユーザ向けに開発しているはずのVivaldiにキャッシュフォルダの設定がいまだにないのが謎。

キャッシュの容量指定や削除を設定画面から行えていいと思うんですけどね。

 
Vivaldi総合
クロームのキャッシュ削除

スポンサーリンク

ブラウザ