VivaldiとChromeでのFlash Playerの動作設定(chrome://plugins廃止後)

Choromeで利用されていたフラッシュプレイヤーの挙動を設定するプラグイン設定ページ(chrome://plugins)は今年2月ごろに廃止されています。

これに伴いVivaldiでも vivaldi://plugins が使えなくなりました。しかしVivaldiはフォントや画面拡大率の設定項目に統合されたので、変更が簡単になったとも言えます。

Vivaldiでプラグイン設定

設定の下の方の「Webページ」からアクセス可

vivaldi://settings/webpages/

Vivaldi Flash Player設定

クローム同様 chrome://settings/content からでも変更可。

Chromeのプラグイン設定

アドレスバーに

chrome://settings/content

と入力。

Opera

Operaは今でも

opera://plugins

が使えます。

opera://plugins(Chrome/vivaldi旧設定)

その一方、[設定]-[ウェブサイト]でも変更できるようになっています。

Flash Playerを「常に実行を許可する」にする意味

自動実行を許可しておかないと、Flashコンテンツ上に再生ボタンが表示され、クリックしないと再生されません。Flash動画やゲームを利用するなら「常に実行を許可する」にしておくと面倒がありません。

逆にフラッシュコンテンツを無視したい人は「常に自動での実行を許可しない」にしておけば、必要なときだけ再生させられます。


Vivaldi総合