ChromeのFlash Player動作設定 (chrome://pluginsは廃止済)

ブラウザVivaldi, Chrome

Chrome TIps Flash Player

Choromeで利用されていたフラッシュプレイヤーの挙動を設定するプラグイン設定ページ(chrome://plugins)は2017年2月ごろに廃止され、アクセスできなくなりました。

さらにセキュリティ強化の一環で、一度許可したページでも、再起動のたびにリセットされ、毎回確認されるようになっています。

Chromeのプラグイン設定

アドレスバーに下のアドレスを入力して『コンテンツの設定』に移動。

chrome-flash-player

『コンテンツの設定』でFlashをクリックして『最初に確認する』をオンに。

許可とブロックはサイトごとに設定できます。サイトの登録はURLから http:// を除いた部分。

基本的にはこれでいいのですが、毎回設定がリセットされて面倒!なら、

Flash の実行を毎回問い合わせなくする設定

Enable Ephemeral Flash Permissions
Disabled または 無効化

バージョン 69 からセキュリティ強化のために、PCを再起動するたびにFlash を実行するかのダイアログが表示されるようになりました。

一時的な Flash 許可(このオプション)が有効になっていると毎回ダイアログが表示される。Disabledにすれば一時的な許可が無効になり、設定が保持される。

 

なぜか設定が反映されないとき

全体の設定でFlash を有効にしたにも関わらず個別ページで反映されないときは、Flash Playerを使いたいページを開き、アドレスバーの左に表示されている i マークか 鍵 マークをクリック。

するとページごとの設定を直接を行えるようになるので、Flash の項目を「許可」にします。

chrome flash player 設定

 

Vivaldiでプラグイン設定(全般設定は廃止)

Vivaldiではプラグインの有効無効の切り替えはできなくなっています。

インストールすればFlash コンテンツは再生できます。個別ページでのオン・オフは切り替えることができます。
(設定変更はChrome と同じく [設定] > [サイト設定] または 表示したページ URL左のサイト情報から)

 

以下は廃止済み

設定の下の方の「Webページ」からアクセス可

vivaldi://settings/webpages/

Vivaldi Flash Player設定

クローム同様 chrome://settings/content からでも変更可。

 

Opera

Operaは今でも

opera://plugins

が使えます。

opera://plugins(Chrome/vivaldi旧設定)

その一方、[設定]-[ウェブサイト]でも変更できるようになっています。

Operaは明示的に許可をしないと実行されなくなっています。

[*.]sample.com

Flash を許可したいサイトを追加しておきます。

 

Flash Player実行を許可するサイト指定

Chrome では一度Flashを実行したサイトでは、次からは自動で再生されるようになります。

毎回ダイアログが表示される時はFlashの実行許可サイトを追加します。
ドメイン名を [*.] の後に続けて記述します(http://のプロトコル部分は不要)。

[*.]sample.com

自動実行を許可しておかないと、Flashコンテンツ上に再生ボタンが表示され、クリックしないと再生されません。Flash動画やゲームを利用するなら「常に実行を許可する」にしておくと面倒がありません。

逆にフラッシュコンテンツを無視したい人は「常に自動での実行を許可しない」にしておけば、必要なときだけ再生させられます。

関連Chrome 総合情報