NHK受信料収入の推移/オリンピック・ワールドカップ放映権料NHK負担額

経済・統計

NHKの受信料とスポーツ放映権に関するデータ。

NHK受信料

上のグラフはNHKの受信料収入と衛星放送の月額受信料です。

2012年度に月額受信料を120円下げたため、収入が350億円近く下がっていることがわかります。
2013年度は長期前払い世帯の更新により減少したものの2014年には増収に転じ、2016年度には過去最高となる6,769億円を達成しています。

2014年から右肩上がりになった理由は受信料支払い率が上がったことによります。

NHK受信料

元にしたデータ

年度受信料(億円)衛星契約(円)支払い率(%)
2010年度65982290
2011年度6725229071.9
2012年度6387217073.1
2013年度6345217074.4
2014年度6493223075.6
2015年度6625223076.9
2016年度6769223078.2

NHK INFORMATION「決算」

2018年2月現在のNHK受信料

種別 支払方法 月額 2か月払額 6か月前払額 12か月前払額
地上契約 口座・クレジット  1,260円  2,520円  7,190円 13,990円
継続振込等  1,310円  2,620円  7,475円 14,545円
衛星契約
〈地上契約含む〉
口座・クレジット  2,230円  4,460円 12,730円 24,770円
継続振込等  2,280円  4,560円 13,015円 25,320円
特別契約 口座・クレジット   985円  1,970円  5,620円 10,940円
継続振込等  1,035円  2,070円  5,905円 11,490円

NHK受信料の窓口-NHK放送受信契約・放送受信料についてのご案内

スポーツ大会放映権料NHKの負担額

オリンピック・サッカーワールドカップともに放映権料(放送権料)が年々上昇していて一局独占は難しくなったため、民放とNHKが協同してコンソーシアム方式で放映権料を負担しています。

負担割合は地上波、BS、ラジオと多くのチャンネルをもつNHKが高くなっています。

オリンピック放映権料(NHK負担割合は70%)

冬季 2010年 バンクーバーオリンピック 325億円(日本円建て)

NHK 228億円

夏季 2012年 ロンドンオリンピック
冬季 2014年 ソチオリンピック 360億円(日本円建て)

NHK 252億円

夏季 2016年 リオデジャネイロオリンピック
冬季 2018年 平昌オリンピック 660億円(日本円建て)

NHK 462億円

夏季 2020年 東京オリンピック
冬季 2022年 北京オリンピック 440億円(日本円建て)

NHK 308億円

夏季 2024年 パリオリンピック

 

FIFAワールドカップ放映権料(2002年時点 NHK負担割合60%)

2010年 南アフリカ大会 200億円 ジャパンコンソーシアム
スカイパーフェクト コミュニケーションズ
2014年 ブラジル大会 400億円(64試合 無料放送権) ジャパンコンソーシアム
2018年  ロシア大会 不明 ジャパンコンソーシアム

オリンピック・FIFAワールドカップともにWikipediaより

 

NHK受信料に占めるオリンピックとワールドカップの放映権料

さて、放映権料がわかったので、ついでに受信料に占める放映権料の比率を計算してみます。

2018年・2020年は東京オリンピックなので除外するとして、2010年から2017年までの8年間のNHK負担を年平均にすると

(228+252)÷8

120億円となる。

サッカーワールドカップのNHK負担割合が分かっているのは2002年のみ。負担比率が変わっていないものとして6割をNHKが負担すると考える。

400×0.6÷4

1年あたりのNHK負担は60億円

オリンピック・FIFAワールドカップ合わせて、NHKは1年あたり180億円の放映権料を負担していることになります。

180億円の2016年度の受信料 6769億円に占める割合は2.7%ほどになります。

衛星放送の12ヶ月前払い金額 24,770円 から 2.7% をひけば 24,101円。

計算上は受信料を年あたり670円安くできることになりますが、月あたりにするとわずか55円。

放映権が莫大なわりに、やめたところでたいした額にならなかったというのが正直なところです。

しかしメジャースポーツなんて民放がやるんだからNHKはやらなくていいんじゃないの?と思うところです。