Windows用ピクセル定規

マップ作製ステンシル

画像のサイズを測るピクセル定規は画像処理関係のアプリケーションに付属していることがありますが、ウェブサイトやアイコンの大きさをちょろっと調べたい時に、ソフト本体を起動して、さらに定規(ルーラー)を起動するとなると面倒です。

で、定番ツールとして検索に上位表示される「Webデザイナーのための「ピクセル定規」Windows版:Vector ソフト」というソフトがあるんですが、バージョンが更新されていないために今では使いづらくなっています。

pixel-ruler-for-designer

うちだと起動時にこうなっていて、Openを押して定規を広げると正方形に画面を占有するほどに広がってしまいます。実際に測るには、さらに矢印をクリックして上下方向か左右方向のモードに切り替える必要があって煩わしいです。

単体で使う以上はちゃちゃっと使いたいものなので、理想を言えば、軽くて常駐してもじゃまにならない、できればインストール不要でできるものがいい。

そんなわけで、僕はHiRulerというソフトを使っていました。これは半透明にできてサイズの変更もしやすいので、画像に重ねて測ることができます。タスクバーには表示されずタスクトレイに常駐するので邪魔になりません。

ピクセル定規HiRuler

画像に定規の長さを合わせて測ることもできるHiRuler

ただ、目盛りが10ピクセル単位のために細かい数値が分からないという難点があります。測りたい場所に定規の長さを合わせれば数字が表示されるので分かりますが、ピクセル単位でドラッグするのはわりとめんどくさい。

そんな理由でもっと細かい目盛り設定があるものはないかと探していたのですが、どれも一長一短でなかなかいいものが見つからない。使いやすいと思えたのはJRulerというソフトくらいでした。

JRuler

カーソルの位置までの長さが表示されるJRuler

目盛りが細かいので1ピクセル単位で調べることができます。カーソルの位置が表示されるので、十字の線を合わせてやれば1の位の値もすぐに把握できます。

ただ、JRulerにも難点があって、目盛りが細かすぎて1000を超えると100の位の単位が分かりにくくなること、縦横の切り替えがオプションからしか行えないこと、定規の長さの変更がXとーの下に表示されているスライダーでしか行えないことです。

JRuler option

JRulerオプション、Flipで縦横切り替え

どちらもインストール不要で使えますし、起動も早いです。一長一短があるので、あとは好み次第かなと思います。僕はJRulerが便利かなと感じ始めてます。

pixel-ruler

HiRuler
対応OS:Windows
開発者:そうそうTOWN
入手先:HiRuler – Vector
JRuler
対応OS:Windows
開発者:spadix software
入手先:JRuler
スポンサーリンク
336
336

フォローする