新型コロナウイルスに関するWHO『テドロス』語録

news新型コロナウイルス,WHO

世界保健機構、テドロス事務局長の発言集。中国とべったりということで世界中から非難されていますが、時系列で見るとその理由がよく分かります。このページではWHOの動きについても補足的に記載しています。

2019年

12/31 WHO、台湾当局から「コロナはヒトヒト感染する」という内容の電子メールを受け取けとるが握り潰して隠蔽

2020年

1月?日 人から人への感染リスクは少ない(「人から人への感染は排除できないが、そのリスクは比較的低い」日経新聞

1/22 「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」には当たらない(22日に行われた「国際的に懸念される緊急事態」にあたるかを判断する専門会の緊急委員会での結論|NHK

1/28 WHOは中国政府が迅速で効果的な措置を取ったことに敬意を表する
1/29 中国から外国人を避難させることは勧めない

1/30 WHO「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言、入国制限は勧告に盛り込まず。テドロス事務局長は理事会での演説で、中国の対応を称賛した上で「不必要な渡航・貿易制限を行う理由はない」(時事通信0203

1/31 渡航や貿易を不必要に妨げる措置をすべきではない
—- 人の行き来を維持し国境を開放し続けるべきだ
—- 中国の尽力がなければ中国国外の死者は更に増えていただろう
—- 中国の対応は感染症対策の新しい基準を作ったともいえる
—- 中国国外の感染者数が少ないことについて中国に感謝しなければいけない
2/01 大流行をコントロールする中国の能力に信任を置いている
2/04 武漢は英雄だ
—- 中国以外の国々は感染者のより良いデータを提供しろ
2/05 740億円の資金をWHOに投資しろ
2/08 致死率は2%ほどだから、必要以上に怖がることはない
2/10 イギリスとフランスはもっと危機感を持て
2/12 特定の地域を連想させる名前を肺炎の名称とするのは良くない
2/13 中国のたぐいまれな努力を賞賛する
2/18 新型ウイルスは致命的ではない

2/24 パンデミックには至っていない(イラン、イタリア、韓国で確認された感染者の数が急増していることに対して「深く懸念している」が、あくまでも地域単位での感染拡大だとして「パンデミックという言葉を使う事実はない」との見解を示した|テレビ朝日

2/27 中国の積極果敢な初期対応が感染拡大を防いだ↓
2/28 「パンデミックの可能性がある」
—- 「すべての国は備えに集中しろ」
—- 「封じ込めらられる可能性は狭まっている」
3/25 「われわれは最初の機会を無駄にした」
3/26 「1か月前か2か月前に対応していなければならなかった」
3/27 「すべての国で積極的な行動がなければ、数百万人が死亡する可能性がある」。
4/3 「マスクを使うべきかの指針に変更を加えるべきかどうかを見極めるため、WHOは新しい証拠を確認し、この議論を再開することに前向きだ」

4/8 「台湾から(ネットで)差別的な個人攻撃を受けている」と発言(時事通信

4/8 「新型コロナウイルスの政治化はしないでほしい。必要なのは団結だ」(記者会見で、トランプ米大統領が「WHOは中国寄り」と批判したことを受けて|時事通信

4/9 世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長は9日、「致死率はインフルエンザの10倍と推定される」と述べ、このウイルスの危険性を訴えた

4/9 「われわれは天使ではなく、人間なので間違えることもある」

4/13 ツイート「みなさん、ハッピーイースター!」→


4/14 「当初からヒト・ヒト感染に重点置いた」

4/21 「我々は隠し事はしていない」

4/21 「我々は最初からコロナは人類が立ち向かう悪魔だと言ってきた」「各国はコロナを政治利用するな」「1人の命も無駄にできない。今こそ声をあげよう、もうたくさんだ!」

4/22 「私たちはウイルスと長い間つきあうことになる」

4/23 「世界は私たちがいた元の姿に戻ることはできないでしょう。『新しい日常』になるはずです」

中国の新型肺炎の初期の流れ

2019年

12月12日 中国湖北省武漢市で原因不明の肺炎による最初の患者発生

2020年(以下、いずれも発表日)

1月11日 武漢市、患者から新型コロナウイルスが検出されたことと、死者が1名出たことを発表。

1月13日 タイで一人目の感染者

1月16日 日本で一人目の感染者

1月17日 タイで二人目の感染者

1月19日 武漢の患者数計198名、死者3名

1月20日 北京と広東省、上海で感染者が確認される。中国全体の患者数は計218人。韓国で一人目の感染者。

1月22日 世界保健機構、専門家による緊急委員会を開催

3月6日 日本による入国制限強化の対象となった韓国が対抗的な措置をとった問題で、WHOの緊急対応責任者マイク・ライアン氏は「渡航制限は非常に慎重に検討されなければならない」と指摘。「不幸なことに報復的な渡航制限は過去にも起きてきた」と述べたうえで、こうした措置の実行には公衆衛生上の科学的根拠を示すことが求められるとの考えを示す|朝日新聞

テドロスWHO事務局長辞任署名は終了済み

2020年1月31日からChange.orgで行われていたテドロスWHO事務局長の辞任要求署名は、102万人あまりの署名をあつめて終了しています。

Call for the resignation of Tedros Adhanom Ghebreyesus, WHO Director General

現在行われている署名

台湾のユーザーによる新たな保険機構の設立を求める署名が、4月9日より行われています。

Urge the world to establish a new Health Organization

コロナウイルスの現在の世界的な事件は、世界保健機関が信頼できないことを証明しています!

中国政府との緊密な関係は彼らの判断を曇らせ、数万人の死をもたらしました。

WHOのTedros Adhanom Ghebreyesus事務局長は、何百万もの人々の死にかかわらず、中国を一方的に支持していることを証明しました。

WHOの高官であるブルースエイルワードの最近のドラマは、WHO全体が侵害されたことをさらに証明しました。

私たちはもはやそのような組織が私たちの医療に利益をもたらすとは信じられません!

特に現在の悲惨な状況では、彼らを信じることは、はるかに多くの死を引き起こすだけです!

したがって、私はここに来て、世界の超大国に新しい世界保健機関を設立するよう要請します。

悲惨な状況には悲惨な対策が必要です!

そして今回、中国は「除外」されなければなりません!

彼らは世界に「何百万もの死は私とは何の関係もない!それが経済的または政治的に私に利益をもたらす限り、あなた方全員が死んでいるのはさらに良いことです!世界は私が世界を達成するための使い捨てのポーンに過ぎません。支配!"

彼らが関与するあらゆる活動は偏見され、より多くの人々が殺されるでしょう!

この大流行を封じ込めて何百万もの人々の命を救いたいのなら、私たちは直ちに行動を起こさなければなりません!

ですから、私は国の指導者たちに行動を起こして私たち全員を救うように心からお願いします!

神様のお恵みがありますように!