物言えば唇寒し秋の風 分かるようで分からない意味の変遷

物いへば唇寒し穐の風邪

ぼくが初めてこの句を知ったのは、手塚治の『アドルフに告ぐ』を読んだ時でした。『アドルフに告ぐ』の戦前パートで、小学校の先生が心配して「口には気を付けたほうがいいわよ」と言ったのに対し、パン屋のアドルフが「『もの言えば唇寒し』言うから余計なことは言わへんよ」と返していた。特高警察がうろうろしている時代、下手なことは言えません。

だから戦前の言いたいことが言えない時代、下手なことを口にすると唇が寒くなる=いいことがないんだろうと解釈していました。

事実、戦前はわりと一般的に使われており、めんどくさい時世を表していたようです。

この理解は間違ってはいなかったのですが。長じて芭蕉の句だと知った時、この使い方に違和感が生じました。

「物いへば~」は『芭蕉庵小文庫』に収められており、芭蕉没後に弟子の中村史邦によって編纂されました。中村文邦は「春庵」の名をもつ医師であったが、俳句では芭蕉に師事していたという。

「物いえば唇寒し秋の風」を素直に受け取れば、「口を開くと唇で寒さを感じるくらい秋が深まってきたな」となります。俳句には疎いですが、それでも俳句ならではの写実性が出ていると思います。

寒冷地で厳しい寒さに遭遇していたら、鼻水が凍ることを詠んだかもしれません。

なぜこの句がそんな警句じみたものになったのかを調べてみると、さきの文邦が句の前書きとして「人の短をいふ事なかれ 己が長をいふ事なかれ」という文言を付けていたのだという。

「他人の悪いところは口にするな、自分のいいところも吹聴するな」ということで、句にある「道徳上好ましくないことを言う」と唇が寒くなる⇒身体が寒くなるといった流れのようです。

大辞林でも同じ説明になっています。

〔芭蕉の句。人の短所を言ったあとは寒々とした気持ちに襲われる,の意〕
転じて,うっかりものを言うと,それが原因となって災いを招く。口は災いのもと。

前書きによって「寒々とした気持ちになる」という解釈までは分かる。

でも、なぜそれが禍に転じるのかがさっぱり分からない。自分の気持ちと、外部的な災いには因果関係はないですよね。

警句的な受け取り方に疑問を持つ人はいても、こころの状態が外部的な禍に転じたことには違和感を持っている人は見たことはないんですよね。疑問を持った人はいないのかなあ。

スポンサーリンク
336
336

フォローする