Vivaldi – 高機能、だけど分かりやすいPCブラウザ

Vivaldi

 

VivaldiはOperaの開発に携わっていた人たちが新たに会社を設立して開発しているWebブラウザです。

Vivaldiは昨今の、設定項目を減らしてわかりやすさを目指すブラウザにもの足りなさを感じるヘビーユーザ向けのブラウザを目指しており、ネットで情報収集をするのために便利な機能が多数盛り込まれています。

正式版のリリースは2016年4月6日と最後発といっていいブラウザですが、その分ユーザと開発の距離は近く、ユーザ目線で開発を進めていることが感じられるため、次の正式版リリースはなにが盛り込まれるか楽しみになれます。

機能が充実している結果として設定項目は多くなっており、使いこなすには若干敷居は高く感じられるかもしれません。しかし設定をしなくても画像を撮れたり、誤って閉じてしまったタブをすぐに開き直せるなど、実は初心者にも非常に使いやすい機能が盛りこまれています。

ウェブブラウザ “Vivaldi” は高機能でありながら、かゆいところに手が届くような非常に使いやすいウェブブラウザです。

 

VivaldiはChromeの機能拡張はそのまま使えるので、Chromeからの乗り換えは簡単、画面構成はOperaと似ているのでOperaを使ってきた人ならすぐに慣れるはず。

 Vivaldiのインストールと初期設定

 

 

Vivaldiの便利な機能

Vivaldiには多数の便利な機能が盛り込まれています。

タブサイクラーは、誤って閉じてしまったタブをすぐに開き直せます。

たくさんのページを開いてタブがいっぱいになってしまった時に使えるのがタブスタック機能。複数のページを1つのウインドウに並べて表示できるタイル表示

 

Vivaldiタブスタックとサムネイル表示
Vivaldiタブスタックとサムネイル表示
Vivaldiのタイル表示(並べて表示)
Vivaldiのタイル表示(並べて表示)

 

そしてツールを立ち上げることなく、画面下のボタンを押すだけでスクリーンショットを撮影できるキャプチャ機能。キャプチャ機能はファイルへの保存はもとより、クリップボードにコピーができるので、FacebookやTwitterに直接投稿できます。これは地味ながら、とても便利です。 スクリーンキャプチャ

 

Vivaldiのキャプチャ機能
Vivaldiのキャプチャ機能

 

上級者向けで難しそうというイメージがありますが、普通に使うだけなら誰にでも使いやすいブラウザです。

 

よく使うキーボードショートカット

Windows Mac
サイドパネルを開く F4 Command + Option + P
クイックコマンド F2  Command + E
プライベートウインドウを開く Ctrl+Shift+N Command + Shift + N
ページ更新 F5  Command+R
新しいタブで開く Ctrl+T Command+T
次のタブに移動 Ctrl+Tab
次のタブスタックに移動 Ctrl+Shift+Tab
キャッシュ削除
プライベートデータ削除
Ctrl + Shift + Delete

 

2017年現在のVivaldi,Chromium,Operaシェア

Opera、Chromium、Vivaldiの3ブラウザのシェア状況。今年の目標は300万から400万ユーザ獲得とか。

[visualizer id=”962″]

出典:http://gs.statcounter.com

もっと詳しいグラフはこちら 国内外ブラウザシェア

Vivaldiの魅力でまだできないこと

マルチアカウント管理と同期

同期はいずれもうじき実装されるようです。マルチアカウント管理は、現段階ではショートカットに起動コマンドをつけてそこから起動しかなさそう。

 

開発途上なのでかゆいところに手が届いていない部分もありますが、パソコンでウェブサイト閲覧することが多いなら、きっと満足できるブラウザですよ。

 

 

Vivaldi