新幹線の乗り過ごしの対処法、誤乗は乗り越し清算せずに駅員に

新幹線新幹線ルール

新幹線のきっぷに記載された目的地ではなく、その先の駅で降りた場合は乗り越し扱いとなり、降車した駅までの料金を支払う必要があります。

しかし寝ていたり、間違えて目的地の駅を乗り過ごした場合は「誤乗」という扱いになり、駅員に申告することで、本来の目的地までの列車に無料で乗ることができます。この措置を「無賃送還」といいます。

「誤乗」して「無賃送還」が適用されると、乗り過ごした駅までお金を払わずに引き返すことがでるということです。

JR 東日本

 

目的地を乗り過ごしたら

  • 駅員に申告する
  • 反対方向の列車で戻る

 

乗り過ごしたら申告が必要JRの在来線で乗り過ごしたとき、次の駅で慌てて反対方向の列車に乗りかえることはよくあります。
こういったケースでは、降車駅までの乗り越し料金と、戻るための運賃(+特急券)料金が発生します。そのため無断で戻ってしまうと、厳密には無賃乗車となります。車内検札でばれても乗り過ごしたことを説明すれば大目に見てもらえるかもしれませんが、特急券が必要な列車であれば降車駅の駅員に申告しておくほうが安心でしょう。

終電に乗れずその日の電車がない時

反対方面行の最終列車が出てしまいその日に戻れる電車がない時は、翌日の始発列車に乗せてもらえます。駅員に申告をして手続きをしてもらった上で一度駅を出て、始発まで待つことになります。

新幹線は次の駅までの距離が長いので、寝過ごしには気をつけたいところです。特に終電だとお酒を飲んでうとうとすることがあるので要注意。