BIGLOBE SIMの口座引き落としでの契約手順、後日通話プランに変更の予定

ネットサービス

クレジットカードを使わずに格安SIMが使いたかったので、BIGLOBE SIMを口座引き落としで契約してみました。

目的はテザリングの手間なくタブレットを使うためのデータSIMとしての利用。

格安SIMを使うには、SIMフリー端末(スマホ・ファブレット・タブレット)が必要です。

BIGLOBE データSIMの料金支払は、クレジットカードなら手数料無料なのに対し、口座引き落としだと200円の手数料がかかります。楽天Mobileなら口座引き落としでも100円なので、BIGLOBEの手数料は明らかに高くつきます。

安くもないのに BIGLOBE データSIMにした理由は、BIGLOBEならデータSIMで契約してしまえば、いずれ音声通話SIMにアップグレードできると聞いたからです。

データSIMの契約で口座引き落としが使えるところでも、音声通話SIMの契約での支払いクレジットカードのみとなっています。

BIGLOBE SIMも例外ではなく、基本的に口座引落は使えません。しかしこれには抜け道があって、データSIMを契約して引き落とし口座を登録した後であれば、そのまま通話SIMにプランを変えられるとのこと。

その話が本当かを確認するために契約してみました。

 

現在使用しているキャリア端末も格安の通話SIMに変えたいので、いずれこのSIMを通話用のものにアップグレードする予定 → 通話SIMに変更しました

BIGLOBE SIM(SMS)申し込みオプションと手順

申し込み手順に入る前に、簡単にプランの確認をしておきます。

まずはキャリアの選択。

Biglobe SIM では au と ドコモ の2つのキャリアのSIMを利用することができます。どちらも料金は同じですが、 au の回線からドコモの回線に変更することはできますが、ドコモから au への交換はできません。近いうちにスマホを買い換える予定があるなら、候補の端末の対応回線とカードんサイズも踏まえて選ぶほうがいいでしょう。

BIGLOBEの格安SIMには、データ通信のみ、SMSつき、音声通話つきの3種類があります(全て税別)

プランデータ通信のみデータ通信SMS付き音声通話
(データ+SMS+音声通話)
1GB
音声通話
スタートプラン
1,400円
3GB
3ギガプラン
900円1,020円1,600円
6GB
6ギガプラン
1,450円1,570円2,150円
12GB
12ギガプラン
2,700円2,820円3,400円
20GB
20ギガプラン
4,500円4,620円5,200円
30GB
30ギガプラン
6,750円6,870円7,450円
初期費用3,394円

(初期費用3,394円はプラン申込手数料3,000円とSIMカード準備料394円)

 

今回は通話は必要がないので、データ通信から選びます。タブレットはメインで使うわけではないので1Gでいいのですが、1G/月は音声通話しか選べません。仕方がないので3Gプランに決定

つぎにSMSオプション。SMSは電話番号あてにメッセージが送れるサービスで、個人認証認証によく利用されています。どうせならLineのアカウントも新たに取りたいのでSMSありにしました。

注:SMSオプションをつければLINEのアカウントは作れますが、個人認証は通りません(Lineユーザ名での検索ができない)

 

忘れていけないのがSIMの形状です。SIMには通常、NanoSIM、MicroSIMの3種類があるので、使いたい端末で使える形状を確認しておきます(Nano、Microどちらも使えるものもある)。ぼくはMicroSIMを選択。

Mobile SIMモバイルシム

 

データ通信3ギガプラン+SMS MicroSIM

これで月1,020円。安くはないけど高くもない程々な値段だと思います。

ビッグローブデータSIM口座振替/引き落とし登録法

 

音声通話プランを選択すると証明書やMNPの予約番号が必要になりますが、データ通信なら不要です。

 

BIGLOBE SIM申込み

ビッグローブデータSIM口座振替/引き落とし登録法

BIGLOBE SIM 申し込みページ

 

BIGLOBE SIMの申込みはウェブサイトから行えます。

申し込みページは文字やボタンが大きく、非常に分かりやすいので悩むことはないと思います。難点はオプションが多いため、不要なサービスにチェックが入っていないかの確認に手間がかかることくらいです。

 

口座振替のための申し込み用紙が郵送されてくる

申込みが終わると、数日で会員番号と口座振替の申込用紙が郵送されてきます。

この用紙は口座振替だけでなく、クレジットカードの支払も選択できるので、気が変わってクレカにすることもできそうです。口座振替はクレディセゾンの収納代行で、手数料が200円と明記されています。

 

申込用紙に記入して郵送で送り返してもいいんですが、この手続もオンラインで可能なので、ウェブで行いました。

ビッグローブデータSIM口座振替/引き落とし登録法

送られてきた書類に記載されているURLにアクセスすると、支払い選択画面になります。

ビッグローブデータSIM口座振替/引き落とし登録法

銀行口座振替とゆうちょ銀行自動振込が選択できるので、一つ一つ記入していきます。

オンラインで口座情報を登録後、4日ほどでSIMが届きました。

 

さっそくタブレットにSIMを装着

SIMと説明書が入っているので、SIMを土台から取り外し、タブレットやスマホの説明書に記載されている手順でSIMカードを装着すれば完了です。

SIMの端子に直接手を触れないようにすれば、トラブルはまずないと思います。

 

SIMを挿れると、「設定」のSIMスロットの項目にSMS番号などが表示されるようになります。

ここで必要になるのはAPN(アクセスポイント名)の設定です。

[設定] – ([…もっと見る]) –  [モバイルネットワーク] – [アクセスポイント名]

設定(…もっと見る)

ビッグローブデータSIM mobile-APN設定

 

モバイルネットワーク

ビッグローブデータSIM mobile-APN設定

 

アクセスポイント名(APN)

ビッグローブデータSIM mobile-APN設定

アクセスポイント名設定のページに表示されたAPNの一覧から BIGLOBE を選択します。

 

APNの編集

ビッグローブデータSIM mobile-APN設定

タップすると「アクセスポイントの編集」というページが表示されますが、特に変更する必要はないと思います。

 

アクセスポイントにはこれが入力されていればOK

名前 BIGLOBE
APN biglobe.jp
ユーザー名 user
パスワード **** (0000)
認証タイプ CHAPまたはPAP
PDPタイプ IP

 

端末によって表示されない項目は気にしなくて大丈夫。

これで端末設定は完了。あとはお客様情報を入力したら全て終わりです。BIGLOBE側の手続き完了までにちょっと時間がかかりますが、データ通信自体はその日から使えます。

 

BIGLOBE は快適だった

DOCOMOの回線だけあって速度は早く、ストレスは全く感じません。Wifiスポットがあればそれを利用しているのでデータ消費はそれほどでもない感じです。

SMS認証が必要なSNSアカウントが取れたのは意外と嬉しいところです。ただ、Lineの個人認証はできないので、その点だけは残念(Line個人認証ができるのは、今のところキャリア3社かLine電話のみ)。

 

クレジットカードでの支払いなら手数料がかからないので、特に理由がなければクレカを使うほうが得です。審査も通りやすい楽天カードという手もありますし。

しかしカードを使いたくない、または使えないのであれば口座引き落としのサービスは重宝します(ぼくはまだ通話SIMに変更できるか試してないけど、いずれレポート書きます)。

 

2台目用のSIMがほしいのに家族に無駄遣いはだめ!と怒られたり、借金などが原因でクレカの与信が通らなかったりといった人は意外といますね。

自分用通帳の口座からの引き落としにすれば、家族に内緒で無駄遣いできますねw

 

関連BIGLOBE モバイルのデータ通信SIMから音声通話SIMへの変更手続き