渡良瀬遊水地のヨシ焼き2017が気象レーダーに写っていた

午前8時半より渡良瀬遊水地で行われているヨシ焼きの煙が、雨雲として気象レーダーに写っていました。

渡良瀬遊水地ヨシ焼き2017

下は午前10時30分から13時15分までの様子。

渡良瀬遊水地ヨシ焼き2017

渡良瀬遊水地のヨシ焼きは毎年3月頃、植生の保全を目的として春先に行われています。

渡良瀬遊水地は埼玉、栃木、群馬、茨城の四間にまたがる広大な遊水地で、面積は3つの調節池を含めて3,300ヘクタール。野焼きの対象となる範囲はは1,500ha、東京ドームのじつに320個分です。

渡良瀬遊水地のヨシ焼きは大阪の高槻市や滋賀県の近江八幡市などでも行われていますが、渡良瀬遊水地は本州最大と言われるだけあって煙もモクモクでるので、レーダーに写って当然といえば当然。

渡良瀬遊水地は、希少な植物も多いため、湿地保全のためのラムサール条約にも登録されています。野焼きは絶滅危惧種の保存に貢献していると言われています。

ヨシ焼きとは?

ヨシは葦のことで、川べりで生い茂ってるやつです。

葦原ヨシ原
Wikipediaより

ヨシは背が高いため、そのままにしておくと地面に日が届かず、新しく生えてくる植物の芽生えを阻害してしまいます。反対に年を越して生き残った樹木が成長してしまうと森林となってしまいます。

また、枯れ草をそのままにした状態で火が出ると、延焼の恐れもあります。

ヨシ焼きはこういった植生を維持するための環境保全で、一般的な野焼きと変わりません。

ヨシ焼きの環境への影響は?

枯れ草を焼くだけなので、熱は地表表面に限られます。

そのため地中で根を張っている植物に影響はなく、新たなアシは生えてきますし、希少種も保全されています。

ヨシ焼きの動画


ヨシ焼き 渡良瀬遊水地2016

渡良瀬遊水地 ヨシ焼き 2016 空撮動画 DJI P3P


ヨシ焼き 渡良瀬遊水地2017

スポンサーリンク
336
336

シェアする

フォローする