ASKULの倉庫で大火災(2月16日)、一日以上経過しても鎮火の目処立たず(2月17日)

2月24日現在

1階と2階は鎮火したが、3階の残り火が強風によって煽られて再び出火。屋根が落ちたところに入り込めないため、全体鎮火はもう少しかかる。

埼玉新聞 2/24(金) 22:20配信

22日 午前9時、3階を除きほぼ鎮火

延床面積7万2千平方メートルのうち、約4万5千平方メートルが延焼。

延焼長期化の原因調査始まる – 読売新聞2017年02月23日 12時06分

2017年2月16日、ASKULの倉庫で火災が発生。出火したのは埼玉にあるASKULの東京・関東への発送を担う物流拠点、「ASKUL Logi PARK 首都圏」。

このロジスティックセンターは法人向けのASKUL(アスクル)だけでなく個人向けのLOHACO(ロハコ)の商品の発送も担っているため、火災の影響でロハコ・アスクル両方の注文受付を一時停止。

18時現在、他の物流拠点より出荷する体制が整ったため、アスクルでは到着が翌々日になる可能性を断った上で注文受付再開。ロハコでは一部商品の受付を再開。順次増やしていくようで、アスクルとロハコでは若干対応が異なるようです。

2月17日18:47時点でも鎮火のめどは立っていません。

アスクル物流倉庫火災、鎮火のめど立たず

2月20日現在、火の勢いは落ち着いてきたものの、鎮火には至らず。屋根が一部で落ちてる感じ。

避難勧告は午前10時時点で、上富物流倉庫火災について(10時現在)によると、避難勧告は6世帯16人に出され、3世帯10人が避難中とのこと。

また、地元三好町は煙の影響を考え外出の際にはマスクをつけるよう呼びかけています。

2月16日午前に発生した、上富の物流倉庫火災の延焼により
現在も煙が発生しています。火災による煙は人の健康に影響を及ぼすことも考えられます。

外出をされる際は、必ずマスクを着用し、直接吸引しないように心がけてください。
万が一、頭痛、目まい、吐き気等の症状がある場合は、すぐに医師にご相談ください。

上富の物流倉庫火災の煙への対応(お願い)|埼玉県三芳町

火災の映像

激しい炎と煙が今も 「アスクル」巨大倉庫で火災(17/02/16) – ANNnewsCH

アスクルの倉庫で火災 埼玉県三芳町、従業員2人搬送 – KYODO NEWS 【共同通信社】

→アスクル物流拠点で火災 鎮火メドたたず(日テレNEWS24 2017年2月16日 16:23)

→激しい炎と黒煙「アスクル火災」影響深刻に(日テレNEWS24 2017年2月16日 19:07)

二人が煙を吸って病院に搬送されたものの、命に別状はないとのこと。人的被害がなくてなにより。とはいえ、この倉庫の開設が2013年7月、稼働開始より3年半でこの大火災って。

アスクル/埼玉の新物流拠点、開所 | LNEWS
映像を見ると火は倉庫全体に燃え広がっていて、なんかもう手の施しようがなさそう。

2月16日18時現在の受注・出荷状況

ASKUL

18時より注文受付を再開

他の物流センターからの発送になるため、到着は翌日もしくは翌々日になるよう

対象エリア:埼玉県、山梨県、長野県、群馬県、栃木県

お知らせ – ASKUL

ご注文の受付を再開しております。(2/16 18時更新)

LOHACO

一部商品の注文受付を再開。順次拡大していくようです。

お知らせ – LOHACO

多くのお客様にご迷惑をおかけしておりましたが、他の物流センターより出荷を再開いたします。

スポンサーリンク
336
336

シェアする

フォローする