Luxeritas で『アドセンス』を本文の好きな位置に入れる方法【AMP対応】

ルクセリタス

Luxeritasr Adsense ルクセリタスアドセンスLuxeritas は Adsense を自動でAMP用のものに変換してくれますが、ウィジェットに入れたものだけ。通常コードを本文に挿入してもAMPエラーになります。

でも長い記事には途中にコンテンツ広告を挿入したい!

というわけで、AMPに対応させた広告挿入できるようにしました。

プラグイン一つあればできるので簡単です。

記事中に広告があるのは好ましくないとされていますが、Adsense のコンテンツ広告は制約が少なくなっています。
適切な位置に入れていれば規約違反にはならないと思いますが、その辺は自己責任で。

用意するもの

用意するものは2つ。

  • コンテンツ用アドセンスコード
  • PHPコードを挿入できるプラグイン

Adsenseコードはサイズさえ合えばコンテンツ用でなくてもOK。ただ、スポンサーリンクが不要であったりレスポンシブより賢く利便性が高いのでコンテンツ用が使いやすいです。

PHPコードを挿入するのは PHPCode Snippets か Post Snippets がおすすめ。

AMP用広告表示簡単編

かんたんコピペバージョンです。

名前は adsense-amp みたいに分かりやすい名前を付けておくと後で楽です。


global $luxe;

/*通常ページでのコンテンツ広告*/
$adsense_m='Adsenseのとこから取得したコンテンツ広告のコード<script async ではじまるのをそのまま貼り付け';

/* AMP用コード */
$adsense_m_amp='LuxeritasのAMPページの広告コードをまるっと貼り付け';

/* AMPならAMPコードに入れ替え */
if( isset( $luxe['amp'] ) ) {
 $adsense_m =$adsense_m_amp;
}
echo $adsense_m;

AMPページのアドセンスコードは

<div class="ps-wrap"><p itemprop="headline name" class="ps-label al-c">
から
</amp-ad></div></div>

までをコピペ。

AMPページは末尾がURLの最後に “/amp” か “?amp” をつければ見えます。

なにをやっているかというと、通常ページでは通常のものを表示させ、AMPページではAMP用のものに入れ替えているだけだったり。

広告の挿入とAMPページへの出力

広告の挿入はPHP挿入プラグインでつけた名前のショートコードを本文にはりつけるだけ。通常ページのプレビューで広告が表示されていたらとりあえずOK。

忘れてはいけないAMPの出力設定

プラグインはLuxeritasカスタマイザーのAMP設定で出力させないとショートコードがそのまま出ます。

というわけで、LuxeritasのAMP設定で、PHPコードを挿入するのに使ったプラグインを出力させます。

luxeritas ルクセリタスAMP

AMPページで広告が表示されたらおしまい。

これで好きなところにAdsenseを挿入できるようになりました。うまくできたのを確認してから通常ページ用のコードを

ではさんで、上下のマージンを30pxくらい取っておくと安心です。

Google の AMP キャッシュの確認法はこちら。

関連リンクAMPキャッシュダイレクトジャンプ

data-ad-clientなどを変数に入れる通常バージョンも書こうかと思ったけど、Adsenseの特性上使いまわすこともそうそうないだろうからなくてもいいですね。

関連Luxeritasまとめ

ルクセリタス