カフェイン コーヒーのリスク

雑学、雑感

コーヒーミル

 

コーヒーに多く含まれるカフェインは、中枢神経を刺激して興奮させるため、嗜好品としてばかりでなく、仕事や勉強の眠気覚ましに飲まれることもあります。

気分が乗らない時でも、コーヒーを飲むと確かに頭がスッキリします。

そのため寝る前に飲むと寝られなくなりますが、中には平気という人もいます。体質なのか耐性ができているのか、眠りが浅くなることもないそうです。

 

コーヒーはポリフェノールを多く含むため、適量であれば健康によいとされています。脂肪燃焼作用もあるため、ダイエットにもいいとされています。

3~4杯くらいがんリスクも下がるんだとか。逆にそれ以上だとガンのリスクは再び上昇するとか。

 

また、コーヒーにはシュウ酸が含まれている上に利尿作用があるため、カルシウムと結びついて体内での吸収が阻害され、骨粗鬆症になることがあるようです。尿結石の原因にもなります。

ドリップコーヒーなら1日5杯飲んでも500mg程度。それほど多くはなりませんが、それでもカフェインを摂りすぎて亡くなる人もいます。

特にエナジードリンクがコンビニで多く販売されるようになって以降増えているそうです。

カフェインの致死量は体重5kgあたり1グラムとされていますが、1時間以内に急性中毒になる可能性のある摂取量は0.0065gx体重kg程度になります。60kgなら0.4グラム。400mgということです。

コーヒーを1時間に3、4杯と考えると実感としてはそんなに多くは感じませんが、リスクがあるにはあるようです。

 

カフェインの含有量

Wikipedia カフェインより

品名 数量 数量あたり
含有量 (mg)
1リットルあたり
含有量 (mg)
 カフェイン
1g摂取に
必要な量
ジョルト・コーラ 695 mL 280 403  2482mL
ドリップコーヒー 207 mL 115–175 555–845  1183mL-1800mL
エスプレッソコーヒー 44–60 mL 100 1,691–2,254  440-600mL
マテ茶
(loose leaf)
6 g 85 およそ358
パーコレートコーヒー 207 mL 80–135 386–652  1533mL-2588mL
レッドブル 250 mL 80 320  3125mL
ペプシ Max 355 mL 69 194  5145mL
エキセドリンタブレット 1 tablet 65  15錠
マウンテンデュー 355 mL 54 154  6574mL
コカ・コーラ Classic 355 mL 34 96  10441mL
ミルクチョコレートバー
(カカオ45%)
1 bar (43 g) 31  32本
緑茶など、3分煎じ) 177 mL 22–74 124–416  2392mL-8045mL
ミルクチョコレートバー
(カカオ11%)
1 bar (43 g) 10  100本
デカフェコーヒー 207 mL 5–15 24–72  13800mL-41400mL

 

 

カフェインの困った所

コーヒー

 

カフェインはシュウ酸を含んでいるため、腸内でカルシウムと結びついてシュウ酸カルシウムになってしまい、体内に取り込まれるはずのカルシウムを奪ってしまいます。このため骨粗鬆症のリスクがあります。

このあたりの事情からか、妊娠中のカフェイン摂取はだめ、というのは世界共通の認識のようです。

 

 

また、シュウ酸カルシウムが成長すると結石となります。尿の通り道よりも大きく成長すれば、痛い痛い腎結石や尿路結石のリスクがあります。

もっとも牛乳を入れてカフェオレにすればこのリスクはなくなります。植物性のクリームではこの効能はないので注意が必要です。

 

カフェインによる死者がふえていけば、規制もありうるかも

カフェインの錠剤は普通に売っていて手軽に買えますが、100mg入っているものなら1時間で4錠飲むと急性中毒の可能性が生じます。わりと危険なんです。

コーヒーやお茶はおいしいですし、身体にもいいのは間違いありません。量さえ間違えなければ問題はありませんが、眠気ざましのために飲む時は、眠気が取れないとさらに飲んでしまいます。

眠気覚ましに飲むコーヒーは、実はあまりよくないかもしれません。

雑学、雑感