日本円貨幣価値換算計算機(GDP企業物価指数)(1932-2015)

対象期間を伸ばして消費者物価指数を元にした新バージョンを作りました。

 新しい計算機はこちら

昭和7年(1932)から平成27年(2015)までの物価変動を算出します。

GDPデフレーターと企業物価指数をもちいているため、消費者物価とは乖離があります。しかし、具体的なものを比較するとそれなりに妥当な数字になっているようです。。



入力

金額を入力してください
金額

比較したい年を西暦で入力してください。
年1
年2
※対応している期間は1932年から2015年までです

結果

1965年(S40)の10,000円は、2015年(H27)の30,872円にあたります。(3.09倍

2015年(H27)の10,000円は、1965年(S40)の3,239円にあたります。(0.3239倍

 新しい計算機はこちら

企業物価指数は消費者物価指数よりも高く出ます。GDPデフレーターはGDPを基準にするため、経済全体の指標となります。

スポンサーリンク
336
336