Chromeのページまるごと翻訳(サイト翻訳)機能 

翻訳サービス, スマホアプリ翻訳, Google翻訳

辞書 Google Chromeには、標準でgoogle翻訳でページを丸ごと翻訳してくれる機能が搭載されています。日本語以外のページにアクセスすると「このページを 翻訳しますか?」と表示されるコレです。

Chrome設定 言語翻訳

そこで「翻訳」を選択するとサイトを丸ごと翻訳してくれるというありがたいものです。翻訳エンジンがgoogleのニューラルネットワークの深層学習によるこなれた翻訳であるため、違和感なく読めるスグレモノでもあります。

ただ、毎回表示されるとめんどくさいのも事実。逆に突然翻訳されなくなって困ったというケースも耳にしたので、Chromeのページまるごと翻訳の設定方法をば。

Chromeのページまるごと翻訳設定

Chromeのページ丸ごと翻訳機能の設定はgoogleアカウントで共有されます。そのためログイン中のすべてのクロームで同じ翻訳言語設定となります。PC版であろうがAndroid版であろうが、どれか1つを変更すればログインしている他のプラットフォームにも反映されます。

PC版Chrome設定方法

アドレスバーで直接設定画面に
chrome://settings/languages

設定画面からたどる

右上設定メニューより

言語を探して
Chrome設定 言語翻訳

「母国語以外のページで翻訳ツールを表示する」
Chrome設定 言語翻訳

母国語以外のページで翻訳ツールを表示する」のスイッチ(スライダー)を右側にすると、他の言語のページを開いた時点で翻訳ツールが表示されます。

翻訳ツールを消したければスイッチオフ(左側に)。

スマホ版Chrome設定

右上メニュー「設定」より

chrome-menu-settingスマホ・アンドロイドクローム設定

『サイトの設定』を選んでchrome-menu-settingスマホ・アンドロイドクローム設定

『Google翻訳』に進みます。
chrome-menu-settingスマホ・アンドロイドクローム設定

『Google翻訳』設定をオンにすると翻訳ツールが有効にchrome-menu-settingスマホ・アンドロイドクローム設定

翻訳ツールを消したければスイッチオフ(左側に)。自動翻訳などの設定をリセットしたければ『翻訳設定をリセット』ですべて消えます。

 

設定が反映されない

設定がなかなか反映されないことがあるようです。PC版Chromeで設定画面を同時にいくつも開いているとなりやすいみたいなので、設定画面をひとつだけにしてリロードしたり何度かオン・オフを切り替えていると直るような。

翻訳ツールが表示される条件

文字コード・言語がブラウザの設定と異なる言語だと表示されるようです。ブラウザでは日本語で表示されているページでも、HTMLで言語が宣言されていないと他言語として判定されてしまうこともあるようです。

<html lang=”ja“>
<meta charset=”UTF-8” />

langの設定で判断しているんでしょうね。