『Google 翻訳』の使い方まとめ【決定版】

翻訳サービス, ネットサービス

翻訳精度のよさから高く評価され、お世話になっている人も多い『Google 翻訳』。このページを見てくれている人も活用されていることと思います。

そんなGoogle翻訳ですが、アクセス方法・利用方法によって使える機能や検索精度に違いがあります。

そういったわけで、スマホからの利用とPCブラウザからの利用に分けて、Google翻訳で使える機能を紹介します。

スマホから使う

Google翻訳スマホからの利用はつぎの三通りの方法があります。

  1. Google 翻訳サイト
  2. Chromeでの『ページ翻訳』、
  3. アプリでの『翻訳・リアルタイム画像翻訳』

Google 翻訳サイトで使う

パソコンとも共通ですが、普通にブラウザからアクセスして利用します。一番ポピュラーな方法。

利用方法 ブラウザで翻訳サイトにアクセス
機能 1.文章を入力しての翻訳
2.URLを入力して、対象ページをまるごと翻訳
いいところ 1.翻訳精度が高い
2.ブラウザーの種類を問わず使える

Chromeのページ翻訳機能

Chromeに標準で搭載されている翻訳機能から使います。

利用方法 ブラウザで翻訳したいページに移動(機能をオンにしておく)
機能 表示しているページをまるごと翻訳
いいところ 1.翻訳精度が高い
2.ページに移動するだけで言語を判別して翻訳してくれる
不便なところ 自動翻訳にするとすべてのページで翻訳されるため煩わしいことも

アプリで翻訳

スマホ用アプリを使っての翻訳。iOS版とAndroid版では対応言語が異なることがあります。

利用方法 アプリをインストール/起動
機能 文章を入力しての翻訳
アプリでの画像認識
音声入力での翻訳
いいところ 文章を入力しての逐次翻訳の他、音声入力・画像認識が使える
不便なところ 翻訳精度がいまいち

StoreGoogle Play で入手StoreAPP Storeで入手

 

パソコンから使う

PCからは次の三通りの方法で利用できます。

  1. Google 翻訳サイト
  2. Chromeのページ翻訳
  3. Chromeの機能拡張翻訳

Google 翻訳サイトで使う

スマホと同じようにブラウザからアクセスて使う一般的な方法です。

利用方法 ブラウザで翻訳サイトにアクセス
機能 1.文章を入力しての翻訳
2.URLを入力して、対象ページをまるごと翻訳
いいところ 1.翻訳精度が高い
2.ブラウザーの種類を問わず使える

Chromeのページ翻訳機能

こちらもスマホと同じようにChromeに標準で搭載されている翻訳機能から使います。

利用方法 ブラウザで翻訳したいページに移動(機能をオンにしておく)
機能 表示しているページをまるごと翻訳
いいところ 1.翻訳精度が高い
2.ページに移動するだけで翻訳してくれる
不便なところ 自動翻訳にするとすべてのページで翻訳されるため煩わしいことも

Chrome 機能拡張(Extension)から使う

PC版にはChrome専用の機能拡張があります。

利用方法 Chrome Store から機能拡張を入手
機能 文章を入力しての翻訳
開いているページを翻訳(ページ移動不要)
いいところ ブラウザの右上の機能拡張一覧をクリックするだけと簡単
不便なところ 翻訳精度がいまいち(ページ翻訳)

 

PC版ならサードパーティーの機能拡張も

パソコン版Chromeならサードパーティーの機能拡張も利用できます。

用途に応じてGoogleの翻訳エンジンの変更とExcite翻訳に切り替えられる、『どこでも翻訳』の使い勝手がいいのでお勧めです。

なお、翻訳精度は筆者の個人的な感想です。必ずしも正しいとは限らないことをご理解ください。精度の違いはGNMT(Google Neural Machine Translation)の適用された翻訳エンジンと、通常のものの違いだと考えています。

関連おすすめオンライン翻訳サービス5撰