Chrome をリセットしても不具合が解消しない時は Google アカウント同期が原因かも

ブラウザ, スマホアプリGoogle, Chrome

 

Chrome の挙動がおかしくなった時は、機能拡張を外したり設定をリセットすれば、多くの場合は解消すると思います。PC に保存されている Chrome の個人設定(ユーザプロフィール)を消してしまうのも手です。

関連Chrome で不具合が発生したときの対処法

 

再インストールすればほぼ直ると思うのですが、それでも不具合が解消しない時は、Google アカウント同期を疑ってみるといいかもしれません。

Google アカウントの同期って?

Android では最初の設定時点で Google アカウントの設定が求められます。PC版 Chrome ではGoogle アカウントの入力は必須ではありませんが、ブックマークや履歴を複数の PC や スマホ・タブレット で共有できるため、アカウントにログインして利用している人がほとんどだと思います。

Chrome を使って Google アカウントにログインしていると、ある PC で保存したブックマークや、利用した履歴が Google アカウントに保存されます。ようは利用状況は Google のサーバに保存されるわけです。

ほかのデバイスの利用時(他のPCやスマホ)にはGoogle アカウントに保存した情報を使うことで、複数のPCやブラウザでブックマークや履歴・パスワードなどを共有できる仕組みになっています。

複数のPCやスマホで同じデータを利用できる状態にすることを「同期」といいます。ブックマークやパスワードが複数の端末(PCやスマホ)から同じように使えるのは、同期が行われているからです。

ブラウザの設定も共有されています。たとえばPCでウェブページの自動翻訳設定をオンにすると、どの端末でも「常に翻訳」されるようになるのは同期によるものです。

もちろん PC と スマホ では使える機能が異なるため、機能拡張のように、PCのみで同期に利用される情報もあります。新しくインストールしたChrome でも Google アカウントにログインすると、機能拡張が勝手に復元されるのは経験があると思います。

大変便利な「同期機能」ですが、同期の側でトラブルが生じると、どのPCでも同じような現象に悩まされることになり、ブラウザ側をリセットしても直らないことがあります。

そんな時は Google アカウントに保存されている情報をリセットすると不具合が解消することがあります。

 

Google アカウントと Chrome の同期状況の確認

google アカウントクローム同期状況

Google アカウントに保存されている Chrome の同期情報は、Google の「Chrome 同期のデータ」ページで確認することができます。

ログインしているアカウントの情報が表示されるので、ほかのアカウントの同期を確認したければ、シークレットモードを使うか、ほかのブラウザでログインしてアクセスしてください。

リンクChrome 同期のデータ

 

2018年8月現在、Google アカウントに保存されている Chrome 同期設定は下のようになっています。

  • アプリケーション数
  • 拡張機能
  • 設定
  • 自動入力
  • 履歴
  • テーマ
  • ブックマーク
  • パスワード
  • 開いているタブの数

PC専用のものもあります。また、「開いているタブの数」のように、必ずしも Chrome の状況と一致しないこともあります。

 

ブラウザ (Chrome) 側の同期状況

Chrome 側での同期状況は通常は隠されていますが、下のURLからアクセスできます。状況を知ったところで解消できるわけではないので、必ずしも確認しなければいけないものでありません。状態を知りたい人のみ使ってみてくださいといことで。

リンクでは飛べないのでコピーして、アドレスバーに貼り付けてください。

chrome://sync-internals/

Sync Internal ページを開くといろいろな情報が表示されますが、同期項目は [about] タブ(開いたページ)の右端、もしくは下の方にある “Type Info” にあります。

クローム同期状況 chrome internal sync

“Total Entries” がGoogle アカウント、”Live Entrie” が今利用している Chrome のリアルタイムのデータです。ブックマークを消したり増やしたりすると、”Bookmarks” が変動するのが確認できます。

両者の値がずれていたら同期に不具合が…と言いたいところですが、必ずしも一致しな項目もあるようですし、分からない(確認しようがない)項目もあるので目安ということで。

 

Google アカウントの同期初期化

Google アカウントの Chrome 同期(Chrome Sync)の初期化は簡単です。

  1. 不具合が生じている Google アカウントで ”Chrome 同期のデータ”ページにアクセス
  2. 一番下の[同期またはパスフレーズで問題が発生した場合]で、「同期をリセット」

リンクChrome 同期のデータ

google アカウントクローム同期データ リセット

以前はもう少し細かく消す項目が選べたと思うのですが、今は全部まとめて消えるようです。

バックアップGoogle アカウントに保存されているデータはこちらでバックアップを取ることができます。ただ全てのデータが落とせるわけではなく、まとめて落とすことはできても、まとめて復元する方法はないようです。というか、復元方法が提供されていなさそうなものが多いような。

 

ブラウザが原因か同期が原因かの切り分け

Chrome を再インストールしたけれど解消しない。でも、できればアカウントのリセットは避けたい人が多いと思います。面倒ですもんね。

原因がブラウザなのかアカウントなのか簡単な判別法はこんな感じかなということで、思いついた方法を書き出しました。

PC版 Chrome

1台のPCで確認するなら、別のユーザーで Chrome を使ってみる

A.PC版 Chrome のユーザ管理機能を使って、新たなユーザーを追加。ログインしない状態(ユーザプロフィール初期状態)できちんと動くか確認する

B.新たなユーザーでログインして動くか確認する

C.開発版 Chrome をインストールしてみる(利用は自己責任になりますが、Chrome Canary という開発版は、安定板 Chrome とは別にインストールできるので、1台のPCで2つの Chrome を利用できるようになります。安定していないので、確認に向くかは別問題としてあります)

 

PC・スマホ共通

別のPC・スマホでログインして、安定しているか確認する。

これが確実かなと思います。PCの不具合なら別のPCで、スマホの不具合なら別のスマホやタブレットできちんと動くか確認。別の端末ではきちんと動くのなら Chrome の問題、ほかのPC・スマホでも動かなければ同期の可能性があり。

PCならば、ちゃんと動いているほかの人のアカウントがある Chrome にユーザーを追加してもらう ->自分のアカウントでログイン -> 自分のアカウントだけだめなら、アカウントの問題だろうと推測できますよね。