ChromePC版の機能拡張 どこでも翻訳の設定と使い方

いまや翻訳の定番となったGoogle翻訳は、Googleの提供するChrome用機能拡張(Extension)で手軽に利用できます。

Google製の機能拡張では語句を入力しての翻訳と、ウェブページをまるごと翻訳するページ翻訳の2つの機能を使うことができます。

しかし、ページ翻訳で用いられる翻訳エンジンはグーグル翻訳のサイトで提供されているものとは異なるようで、翻訳結果は大きく違っています。

機能拡張と翻訳ページからの翻訳には一長一短あるんですが、機能拡張からは直接利用することができません。

グーグル翻訳google translate

直接翻訳を使わずグーグル翻訳のサイトを利用したい時は、機能拡張を開いて「Google翻訳」のリンクを踏めば、直接に飛ぶことができます。

しかし、グーグル翻訳サイトにに移動してURLをコピペして翻訳ボタンを押すのは意外と煩わしい。できればグーグル翻訳を開いているページから直接利用したい。

そんな時に役立つのがPC版Chrome用機能拡張「どこでも翻訳Translate Anywhere」です。もちろんVivaldiでも使えます。

どこでも翻訳では、Google製機能拡張と同じく直接翻訳が利用できるのに加え、開いているページから直接Google翻訳を利用することができます。

また、翻訳エンジンもGoogleとExciteから選ぶことができます。

インストールと設定

どこでも翻訳はChromeストアから入手します。

クロームChrome機能拡張どこでも翻訳

どこでも翻訳 Translate Anywhere

どこでも翻訳設定では翻訳エンジンをExciteとGoogleから選択することができます。

クロームChrome機能拡張どこでも翻訳

翻訳ウインドウは文章を直接入力して翻訳するもの。こちらは悩むことはないと思います。

分かりにくいのがページ翻訳で使用するエンジン。Excite翻訳はそのままですが、Googleには何もなしと「ダイレクト翻訳」の二種類があります。

  • Excite翻訳
  • Google翻訳
  • Google翻訳(ダイレクト翻訳)

2番目のGoogle翻訳は、Google翻訳ページを利用する方法です。一方のダイレクト翻訳は、グーグル製の機能拡張でも使用される翻訳エンジンです。Google翻訳(サイト)のほうが翻訳がこなれているので、特に比較する必要がないのなら無印のほうが読みやすくなると思いますs。

どこでも翻訳の使い方

どこでも翻訳は右上に表示される機能拡張ボタンから利用します。モードには「ページを翻訳」、「翻訳ウインドウ」、「設定」の3つのモードがあります。

文章を入力して翻訳したいのなら「ページを翻訳」モードにします。

クロームChrome機能拡張どこでも翻訳

「ページを翻訳」は文字通りページごと翻訳できます。

クロームChrome機能拡張どこでも翻訳

使い方で悩むことはないと思います。

おしまいに

ぼくは使い分けることが多いので、どこでも翻訳とGoogleの翻訳機能拡張両方を入れています。直接翻訳したい時はGoogle製のものを、Google翻訳(サイト)を使いたい時はどこでも翻訳をと使い分けています。

Google翻訳機能拡張のインストールと使い方

 Google翻訳でもダイレクトとサイトでは翻訳精度がこんなに違う

Chromeストア

どこでも翻訳 Translate Anywhere

Vivaldi総合