chrome://flags の説明と利用上の注意

ブラウザChrome, Chrome 設定

Chrome Flags高速化設定

こちらのページでは、chrome://flags を利用したChrome の高速化設定を紹介しています。

実際にやってみると分かりますが、 flags にある設定項目をいくつか変更するだけで Chrome の体感速度が大幅に向上します。

表示完了までの秒数を計測してもそれほど違いはないのに、体感速度が上がります。

firefox や edge をはじめとして他のブラウザでは高速化が図られているため、Chrome がもっさり感じるようになりがち。そんな時は flags 設定を試してみる価値はあります。

調べ物をするのにたくさんのタブを出したり、音楽や動画配信サービスを利用している人、ブラウザゲームをしている人にはとくに効果が感じられると思います。

高速化設定はいいことずくめのようですが、chrome://flags は試験運用段階の機能が含まれているため、利用は自己責任になります。

 

利用上の注意

flags には試験運用的な機能が含まれています。ブラウザの開発者がまだ標準機能にはしていないものなので、利用は自己責任になります。

注意をうながす、おどろおどろしい警告も書かれています。

Chrome Flags クローム高速化

 

WARNING:EXPERIMENTAL FUTURES AHEAD(警告:ここから先試験的機能)

機能を有効にするとブラウザのデータが消えたり、セキュリティやプライバシー保護が弱まることがあります。有効化すると、このブラウザを使っている全てのユーザーに適用されます。

「リスクが生じるかもしれませんよ」という注意書きです。

flags には初期状態(デフォルト)で有効(Enable)になっているものもあります。そのため有効にしたからといって効果が出るとは限りません。

ただ有効化したり無効化するだけ。とくに難しいこともなく表示速度が早くなるので、パソコンは苦手だけどよく使うという知人にも薦めていますが、利用はあくまで自己責任になります。

 

プラットフォームごとの違い

Chrome と同じく Chromium をベースに使ったブラウザでも設定ページが利用できれば同じように使えます。

  • Chrome://flags
  • Opera://flags
  • Vivaldi://flags

しかし開発者によって導入している要素が異なることがあります。また、他の機能との兼ね合いなどもあるため、必ずしも効果があるとは限りません。

同じブランドのブラウザでも、Android・iOS・PC・MAC・Linuxなどプラットフォームによっても違いがあります。うまくいけばラッキーと思って使うのがよいでしょう。

 

使い方

アドレスバーに chrome://flags と入力すると試験運用機能 [Experiments] ページが開きます。

chrome://flags

ページ上部に表示されている①の検索ボックスに機能名を入力すると、該当する項目③に直接飛ぶことができます。

Chrome Flags クローム高速化

設定を解説したこちらの解説ページには、直接飛べるURLを掲載しています(ボタンを押せばコピーもできます)。

それぞれの機能を デフォルト・有効化・無効化 から選びます。英語で表示されている時は Default, Enable, Disable となっています。

flags では新しい機能を有効化するばかりでなく、material designのように、無効化して古い外観に戻すといったこともできます。

 

flags をいじっていたら Chrome の動きがおかしくなった時

とりあえず flags の設定をリセットしましょう。

不具合や不安定になるのは機能拡張が原因のことが多いですが、とりあえず flags を標準に戻します。

flags は chrome://flags の右上に表示される② [Reset all to default] ボタンで初期化できます。

Chrome Flags クローム高速化

 

有効にしないほうがいい機能

現在機能していませんが、”Extensions on chrome:// URLs” は無効にしておくほうがいいでしょう。

これを有効にするとリンクから chrlme://settings や flags のページに飛べるようになり、セキュリティリスクが上がります。警告が表示されるようになるので邪魔でもあります。

無効 [disable]にしておく: chrome://flags/#extensions-on-chrome-urls