Vivaldiの設定をエクスポートして引っ越し、パスとIDも移行する方法

引っ越し、台車

Vivaldiではアカウントを利用してのPC間での同期ができないため、ブックマークやパスワードの共有には手作業でのユーザデータの移動が必要になります。

別のPCへの引っ越しに必要なユーザデータのデフォルト保存先はこちら。

C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\Vivaldi\User Data\

ここにあるファイルを別のPCの自分のユーザデータにコピーすればOK、なんですが。

ただこれをコピーするだけだと、コピー先ではVivaldiに保存していたパスワードが使ません。セキュリティの観点からすれば望ましいことですが、現実的には新しいPCであらためてIDとパスワードを入力するのはめんどくさい。

これには一応の解決法があります。IDとパスワードはエクスポートできるので、別のPCにインポートすれば、手間はかかるもののパスワードも含めて移行することができます。

パスとIDも含めたお引っ越し手順

引っ越しを始める前に、まずは確認と下準備から。

  • 移行元のPCと引越し先のPCのVivaldiが同じバージョンかを確認する
  • vivaldi://about/でユーザプロファイル(ユーザ設定)の場所(パス)を確認

移転元でやること(転送準備)

  1. vivaldi://flags/#password-import-export を実行
  2. ”パスワードのインポートとエクスポート”を有効にする
  3. Vivaldiを再起動
  4. chrome://settings/passwords エクスポート
  5. CSVファイルで出力されるので、自分でファイル名をつけて保存
  6. ディスク容量を多少なりとも節約したいなら、履歴を消去しておく(Ctrl + Shift + Delete
  7. vivaldi://flags/#password-import-export でパスのインポートとエクスポートを無効にする

移転元のファイルの保存(バックアップ)

  1. Vivaldiを終了させる
  2. User Dataフォルダ”をUSBなどの移動させるためのストレージにまるごとコピー
  3. 先ほどエクスポートしたパスワードとIDのファイルもストレージにコピー(ユーザデータとは別にする)

引越し先でやること(元の環境を再現)

  1. Vivaldiを終了させる
  2. 今あるユーザデータを消してしまう
  3. 先ほどコピーしたユーザデータをコピー
  4. vivaldi://flags/#password-import-export でパスのインポート・エクスポートを有効に
  5. chrome://settings/passwords でインポート

エクスポートはパスワードとIDが平文で保存されています。インポートできたらすぐに消して下さい。

フォーラムの投稿をまるっと訳しただけという感じですが、勘弁してくださいw

付記:個別ファイルを転送

ブックマークやNoteの内容は

C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\Vivaldi\User Data\

の下のDefaultに入っています。これらを個別にコピーすれば、別のPCでも似た環境にすることはできます。

Default
– Bookmarks
– Notes
– cookies
– Login Data

Login DataにはパスとIDが入っていますが、暗号化されていてそのPCでしか使えません。上でエクスポートしているのはこのファイルの中身です。

Vivaldi総合

スポンサーリンク
336
336

フォローする