PCブラウザシェアの推移(日本国内・世界)2017年11月版

ブラウザ

2016年1月からの国内・国外のブラウザシェアをグラフ化しています(データはStatCounterより)。グラフは主要ブラウザと、VivaldiとOpera、Chromiumのみのを抽出したものの2種類作成してあります。

関連スマホブラウザ世界シェア

グラフの上でドラッグすれば表示範囲を狭めることができます。表の下の凡例をクリックすると、そのラインのオンオフが切り替わります

主要ブラウザ

主要ブラウザは、海外ではChromeがきわめて高いシェアを誇っており、なおもシェアは伸び続けています。それに対し、国内ではIEシェアが比較的高く、その分Chromeが抑えられています。

2本国内はアーリーアダプターが比較的多い一方、セキュリティや管理の都合でIE以外のインストールを禁止する会社の影響していると考えられます。

日本国内

世界

Vivaldi,Opera,Chromiumシェア

Vivaldiシェアは順調に伸びているものの世界では0.04%。一方国内では世界の4倍以上となる0.18と、比較的高いシェアを誇っています。

日本国内Chromium系ブラウザシェア

 

世界Chromium系ブラウザシェア

関連PCブラウザシェア表バージョン

関連スマホブラウザ世界シェア



ブラウザ