PCブラウザシェアの推移(日本国内・世界)2019年1月版

ブラウザChrome, グラフ, Opera, ブラウザ, シェア

2016年1月からの国内・国外のブラウザシェアをグラフ化しています。円グラフは最新の月のもの。線グラフは2016年1月からの長期推移。

データはStatCounterより。

関連スマホブラウザ世界シェア

グラフの上でドラッグすれば表示範囲を狭めることができます。表の下の凡例をクリックすると、そのラインのオンオフが切り替わります

主要ブラウザ

主要ブラウザは、海外ではChromeがきわめて高いシェアを誇っており、なおもシェアは伸び続けています。それに対し、国内ではIEシェアが比較的高く、その分Chromeが抑えられています。

2018年11月、国内、国外ともにChromeが急進。世界シェアでは7割を超えました。

日本国内

国内ブラウザ最新シェア

最新月のブラウザシェアです。

国内2016年1月からの長期推移

2018年5月には国内のIEシェアが急落。22%を切ってます。それに対しChromeは微増で47%以上に。
6月には IE のシェアはさらに下って20%を切り、変わって Chrome が50%を超えました。Firefox のシェアも10%にまで落ち込んでいます。

2018年11月、Chromeは58%を超え、60%目前に。一方IEは、減少傾向を維持。

 

世界ブラウザシェア

海外では2017年11月からの Firefox の下落。代わってEdge と Opera がじわじわ伸びています。

2018年11月 Chrome のシェアが7割超えの72%に。
ランチェスターの法則の73.9%、41.7%、26.1%の73.9%目前に迫っています。

関連PCブラウザシェア表バージョン

関連スマホブラウザ世界シェア