閲覧履歴やログイン情報を残さずブラウズ Chrome のシークレットモード活用法

ブラウザChrome

Chrome シークレットモード・シークレットウインドウ

Google Chrome にはシークレットモードという特殊なモードがあります。

通常では閲覧したウェブサイトから送られてくる情報を格納した cookie や閲覧履歴はブラウザやGoogle アカウントに保存されています。cookie はログイン情報などが保管されているため、次回のアクセス時に自動でログインできるなど、非常に便利な仕組みです。

閲覧履歴は後からアクセスしたサイトを探すことができるばかりでなく、Google 検索では、過去にアクセスした情報を元に、あなたに最適な結果を表示させるために活用されています。

cookie や閲覧履歴は普段使う上では便利なものですが、同じブラウザを使えば、あなたがいつどこにアクセスしたかが丸見えとなります。

cookie や閲覧履歴を含む個人情報を残さずにウェブサイトにアクセスするための機能が「シークレットモード」です。シークレットモードは通常とは別の別のウインドウで開かれるため、「シークレットウインドウ」とも呼ばれます。

ブラウザによっては「プライベートモード」などと呼ばれますが、名前が異なるだけで機能は同じです。

シークレットモードの機能

シークレットモードを使うと以下の項目が記録されません。

  • 閲覧履歴
  • Cookie とサイトデータ(画像やCSSなどのキャッシュを含む)
  • フォームに入力した情報

これらの情報はシークレットウインドウを閉じた時点で全て消えます。開き直してログインが必要なSNSなどにアクセスすると、改めてログインIDとパスワードが求められます。

例外として、ダウンロードしたファイルとブックマークは残ります。また、通常モードで記録されたIDやパスワードは、シークレットモードでも利用できるので、ログイン自体はすぐにできます。

シークレットモードを使うメリット

シークレットモードには多くの利点があります。

  • ログイン情報や入力した個人情報が残らないため、クレジットカードなどの情報も確実に消える
  • ログイン情報や履歴が残らないため、あなたの使ったブラウザを他の人に見られても、何をしたかが分からない
  • cookie が通常モードとは共有されていないため、シークレットモードからなら別アカウントに同時にログインできる
  • ブラウザキャッシュが残らないため、サイトデザインの変更を手軽にチェックできる

出先などで借りたパソコンを一時的に使う場合には、シークレットモードを活用することで安全に利用することができます。

家族で共用しているパソコンで閲覧履歴を辿られたくない時や、こっそり買い物をする時などにも使えます。

男性ならバレたくない閲覧履歴も多々あることと思います。女性ならこっそり通販で買い物をしたことをバレたくないこともあることでしょう。そんな時にはシークレットモードが重宝します(家族共用のパソコンだと、ユーザーごとにアカウントを設定していても使われますからね)。

ちょっと変わったところでは、税務調査などで痛くもない腹を探られないための対策にシークレットモードが使われているケースもあります。ブラウザの閲覧履歴を見て「どうしてこのサイトにアクセスしたのか」といったことを問われたりすると面倒なんですね。履歴がなければ聞かれることもない。

シークレットモードの不便なところ

不便なところももちろんあります。毎回ログイン処理が必要になるので大変煩わしいです。

  • ログイン情報が維持されないため、シークレットモードでアクセスする時は毎回ログイン手続きが必要になる
  • 履歴が残らないため、後からどこにアクセスしたか調べられない

 

シークレットモードの起動・使い方

Windows も スマホアプリ版も同じです。

◆Chrome [右上メニュークロームメニューアイコン・ボタン] から、[シークレットウインドウを開く]

下の画像は Android アプリのもの。②の「新しいシークレットウインドウを開く」を選べばシークレットウインドウが開きます。

chrome 設定メニュー スマホ

シークレットモードは通常モードは通常とは別の扱いになり、アプリなら右上のメガネマークをタップすることで切り替えられます。

デスクトップ版(PCに版)では通常モードとは別のウインドウで開くので、シークレットモードと通常ウインドウを別々に扱えます。


デスクトップ版の Chrome なら、ショートカットを使うこともできます。覚えておくと何かと便利になります。

 

  • Windows: Ctlr + Shift + N
  • Mac:    + shift + N

 

Chrome 以外のブラウザでの呼び方

Chrome のシークレットモード(シークレットウインドウ)にあたる機能は、ほぼ全てのブラウザが備えています。シークレットモードを呼び出すためのショートカットキーは異なりますが、Chrome同様にブラウザの右上か左上にあるメニューからアクセスできます。

シークレットモードの名称とショートカットキー

  • Chrome  シークレットモード(Ctrl + Shift + N)
  • Opera  プライベートモード(Ctrl + Shift + N)
  • Vivaldi プライベートモード(Ctrl + Shift + N)
  • Firefox プライベートモード(Ctrl + Shift + P)
  • Edge   InPrivate