音声翻訳アプリ『VoiceTra』がGoogle翻訳なみに使えるようになっていた

 

ほんの数日前、ひょんなきっかけで音声翻訳アプリ『VoiceTra』を使ったところ、翻訳精度がものすごく高くて驚かされました。

翻訳された結果が『自然な言葉』になっているため、短い会話を2、3翻訳しただけで「なんか普通の翻訳と違う」と感じるくらいの精度の高さです。

これまでに翻訳ソフトをいくつか使った経験がある人なら、「なんか凄い」ことが分かるレベルです。

 

『VoiceTra』は情報通信研究機構が開発・提供している、31の言語に対応したスマホ用音声翻訳アプリです。

音声認識で声からの入力をテキスト化。それを翻訳して合成音声で再生してくれるため、会話の相手と面と向かった状態で使うことができます。

もちろんテキストを直接入力してもいいし、音声入力後に表示されたテキストを修正してから音声を再生することもできます。

 

VoiceTraダウンロード

Google Play で手に入れようAppStoreで入手

 

この『VoiceTra』、1年ほど前に使ったのですが、その時の印象は「使い勝手はいいものの、翻訳精度はそれほど高いわけでもない」普通の音声翻訳アプリというものでした。

 

そんなわけでインストールしてることも忘れていたのですが、つい4日前に日本語が話せない人を相手に何の気なしに使ってみたところ、普通に通じていたようです。

 

話をした相手はブラジル語(ポルトガル語)だったので、その時の翻訳精度は自分では分かりませんでした。

ただ、音声認識からして品質が高いことは分かったので、ある程度翻訳の良し悪しが判別できる英語で試してみました。

 

『VoiceTra』は日常で使えるレベル

日本語⇒英語翻訳で検証してみたところ、VoiceTraは入力側の音声認識と翻訳、どちらも優秀でした。

精度が高いばかりでなく、音声入力・翻訳の応答速度も早いので、ストレスなく使うことができます。

 

VoiceTraは音声認識精度が高い

『VoiceTra』は会話に使うことを想定した翻訳アプリです。

音声入力に対応し、さらに翻訳した言葉を音声で再生する機能がついているのも「会話」に使うための道具だからです。

そして翻訳アプリを会話の道具として使うなら、音声入力の認識精度がよくないと実用に耐えません。

 

その音声認識精度がとても高いんです。どもったり声の抑揚を変えても認識してくれます。

正しく認識されなくても、それなりの日本語として補正されるので修正も簡単。「会話」の妨げになりません。

 

翻訳精度が高い

翻訳精度は用途にもよるので、実際使ってみるのが早いです。

VoiceTra では、入力した日本語の下に翻訳した結果が表示されます。

さらにその下に、翻訳結果を日本語に再翻訳した文面も表示されます。

再翻訳が表示されるおかげで、意味が通った訳なのかの判断ができる仕組みになっています。

翻訳結果の精度が高いだけでなく、その翻訳結果を再翻訳したものも自然な日本語になっています。

 

音声認識で多少取りこぼしがあってもきちんと翻訳されます。

誤認識を心配するよりも、目的語を省略しないよう意識する方が精度は上がるようです。

 

精度が上がったのはニューラル機械翻訳(NMT)のたまもの

一般的なのに機械翻訳とは比較にならないほど精度が上がった理由は、ディープラーニングによるものでした。

 

調べてみたところ、今年2017年6月28日づけで、深層学習を取り入れて精度を改善したというプレスリリースが行われていました。

NICTの先進的音声翻訳研究開発推進センターは、ニューラルネットワーク(深層学習)を用いた機械翻訳の実用技術を開発しました。
ニューラル機械翻訳(NMT)技術を用いることにより、従来の統計翻訳(SMT)技術に比べ、精度が大幅に向上しました。本日から、NICTが開発し、公開している音声翻訳アプリVoiceTra(ボイストラ)に同技術が組み込まれており、精度改善を直接ご体験いただけます。

 ニューラル機械翻訳でVoiceTra高精度化を実現(情報通信機構)

 

つい最近のアップデートでここまで精度が向上したようです。

 

記憶に新しい2016年11月のGoogle翻訳の大幅な精度が向上と同じく、VoiceTraもニューラルネットワーク(深層学習)による機械翻訳技術を利用しているというわけですね。

翻訳・自然言語処理の分野は、ディープラーニングの活用が必須になりつつあるようです。

 

情報通信研究機構とは?情報通信研究機構は、NICT・情報通信研究機構は、情報通信技術(ICT)の研究開発や事業支援などを行っている国立研究開発法人です。管轄は総務省。

研究開発法人と聞くと縁遠い存在に感じますが、意外と身近なところにも関わっていて、日本標準時はNICTの原子時計が基準となっています。

VoiceTraは神戸にあるNICTの先進的音声翻訳研究開発推進センターで開発されています。

NICTでは脳情報通信技術と位置づけて脳内ネットワークの研究も行っているなど、一般的にイメージする情報通信よりも広範な研究を行っています。

 

スポンサーリンク